お役立ちコラム

歯周病、痛くない治療法はある?

歯周病

■歯周病の症状
歯周病とは、歯と歯茎の間に溜まった歯垢から細菌が繁殖し、歯茎が赤くなったり出血したりすることです、歯槽膿漏ともいわれます。歯と歯茎の間の溝(ポケット)から細菌が入り込むことによって起こります。歯周病は成人の約8割が罹患、治療経験を持っている病気です。特に中高年は免疫力の低下や加齢によって歯茎がやせてしまうなど、歯周病になる危険性が高くなるため注意が必要です。

歯周病は、歯茎にだけ炎症が起こる「歯肉炎」と、歯を支える骨まで溶けてしまっている「歯周炎」に分けられ、歯肉炎の症状が進むと歯周炎になります。

■従来の歯周病治療
薬剤の塗布や、器具や機械で歯と歯茎の間の溝に溜まった歯垢を取り除く「スケーリング」が歯周病の主な治療法です。汚れて柔らかくなってしまった歯のエナメル質や象牙質を取り除き、歯垢を付きにくくするために歯の表面を硬くつるつるに仕上げる「ルートプレーニング」をスケーリング後に行う「SRP(スケーリング&ルートプレーニング)」という治療方法も行われています。

スケーリングやSRP、薬物の塗布などは医師の手や機械で行うため、症状が進んでポケットが深くなってしまったり、細菌が歯の中にまで入り込んだりした場合には、完全に治療しきれないことがありました。そういった治療が難しい歯周病にも対応できる治療方法として、レーザー治療も取り入れられています。

■痛くないレーザー治療
レーザー治療では、ポケット内にごく短い周期で繰り返しレーザーを照射します。レーザー照射の際にはほとんど痛みを感じることはありません。レーザー照射を繰り返すことにより、ポケット内の細菌や歯の中に入り込んでしまった細菌を減少させることができます。レーザーならスケーリングに使う器具や機械を差し込みにくい位置にあるポケットにも届くため、器具や機械ではなかなかリーチできなかった細菌にも対応できます。
歯周病に使うレーザーは特殊な波長によるものなので、患部周辺の骨や歯肉に負担をかけません。また、切開や縫合を行わないので、治療後も見た目を損なうことなく生活することができます。

■レーザー治療のメリット、デメリット
●メリット
・痛みをほとんど感じないので麻酔が必要ないケースもあり、麻酔の影響を強く受ける妊娠中の女性でも治療が受けられる
・初期から末期まで、さまざまな段階の歯周病に対応している
・器具で歯を削ることがないので、治療の際に不快な音を立てない
・ごく短い周期での照射なので、ペースメーカーをお持ちの人でも治療が受けられる
・治療のために切開や縫合を行うことがなく、出血を抑えられる

●デメリット
・症状や治療内容によっては保険の対象外となることがある(それにより治療費が高額になることもある)
・レーザー治療を行っている医院がまだ多くない
・症状や治療内容によっては、従来の治療方法よりも時間がかかることがある

痛みや出血がほとんどないレーザー治療はいいことも多く思えますが、レーザー治療を行うための技術はまだ日本に浸透しきっているわけではないようです。歯周病治療のためにレーザー治療を望むときは、技術のある医師が治療についてしっかり説明してくれる歯科医を選びましょう。かかりつけの歯科に相談してレーザー治療を行っている歯科を紹介してもらってもいいでしょう。

レーザー治療は画期的な歯周病の治療方法ですが、治療を受けるほかにも、毎日の歯磨きをきちんと行うことが大切です。歯周病の原因となる歯垢を落とし、口内をきれいな状態に保つことで、歯周病が再発してしまうことを防ぎます。医師だけでなく、患者側が歯周病を治そうとする心がけも必要なのです。

一覧へもどる