お役立ちコラム

親知らず、治療か抜歯か

親知らず

■虫歯リスクが高い
親知らずは人によって不規則な方向に生えてしまうことから、歯磨きの際、磨き残しやすく虫歯になりやすいといわれています。また、歯の中でも最も奥に生えているため、虫歯になっても気づきにくく、知らない内に進行してしまいやすいという面があります。

さらに、親知らずは生えてくる際、隣の歯に当たってしまったり他の歯と重なって生えてきてしまったりすることが多いので、虫歯になった場合、隣の歯に菌が移ってしまいやすく、他の歯よりも虫歯が広がりやすいのです。

■治療か抜歯か、その判断基準は?
「なくてはならない歯」ではないので、親知らずが虫歯になってしまった場合、すぐに抜こうと考える人もいますが、必ずしもそうすることがベストというわけではありません。人によっては、治療した方がよいという場合もあります。では、その判断基準とは一体どのようなものなのでしょうか。ここでは、治療か抜歯か、2つに分けてご紹介します。

●治療をした方がよい場合
・親知らずが噛み合わせに参加している
噛み合わせの際、親知らずも参加している場合、抜いてしまうと噛みにくくなってしまいます。そのため、この場合は治療をした方がベストといえます。

・まっすぐに生えている
歪んで生えてきてしまった親知らずの場合、治療器具が届きにくいため、虫歯をピンポイントで治療することができません。しかし、まっすぐ生えてきた親知らずならそのようなことがないので、抜歯をせずとも治療で虫歯を直すことができます。

・親知らずの手前にある歯も虫歯になっている
親知らずの手前にある歯も虫歯になっている場合、親知らずよりも手前の歯を抜いた方がよいというケースがあるので、親知らずは治療をして残しておくことがあります。そのケースは2つあります。
(1)手前の歯の寿命が短い
手前の歯の虫歯が、神経を取らなければいけないほど進行していた場合、親知らずまで抜いてしまうと奥歯の部分がぽっかりと空いてしまうことになります。そうすると噛みにくくなってしまうので、進行程度が軽い親知らずの方を残すという選択をすることがあります。

(2)手前の歯が大きく溶けてしまっている
手前の歯が虫歯により大きく溶けてしまっていた場合、治療を行うのではなく抜歯をすることがあります。そのため、上記の理由同様、親知らずを残すという方法が取られます。また、手前の歯を抜いた場合、親知らずが手前の歯の位置まで移動してくることがあります。そうすると、手前に寄った分虫歯の治療器具が届きやすくなるので、治療を施して虫歯を完治させることができます。

●抜歯をした方がよい場合
・親知らずが歪んで生えている
人によっては、親知らずが斜めや横に生えてきてしまうことがあります。そのような場合、親知らずをまっすぐに矯正させることができないので、抜歯となります。また、こういった親知らずは、虫歯になると手前の歯に伝染しやすいので、虫歯が広がってしまう可能性があります。このような点も、抜歯となる理由の1つです。

・口が大きく開けられない
親知らずは最も奥に生えている歯であるため、治療をする際は口が大きく開けられる人でなければなりません。そのような人でなければ、治療器具を虫歯の部分に当てることができないからです。そのため、顎関節症のように、大きく口を開けることができない人は、治療によって親知らずの虫歯を治すことは難しいとされています。

・すでに虫歯が隣の歯に伝染している
虫歯が隣の歯にも広がっている場合、抜歯をした方が手前の歯を長持ちさせることができます。なぜなら、隣の歯まで伝染する時は歯と歯の隙間から広がってしまった可能性が高く、治療をしたとしても隣り合っている分再発のリスクが高いからです。そのため、親知らずを抜歯して手前の歯の治療を行った方が、有効なのです。

■親知らずはこんなに役に立つ!
「親知らずはあってもなくてもよい歯」。そんな風に思っている人もいるのではないでしょうか?しかし、親知らずは移植用の歯として利用することができたり、入れ歯の土台にすることができたりと、さまざまに活用することもできます。将来、有効に利用するためにも「残す」という方法も考えてみてはいかがでしょうか?

一覧へもどる