お役立ちコラム

虫歯の進行別に見る治療法

虫歯

■虫歯の痛みは進行のサイン
甘いものや冷たいものがしみるとき、それは虫歯が少しずつ進行しているサインです。甘いものがしみるときは初期の虫歯なので、この段階で気づいて歯科を受診できれば、麻酔を使わない治療のみで済みます。しかし、冷たいものや熱いものがしみてくるようになると、麻酔を使う治療を行ったり削る範囲が広くなったりしまうことも。虫歯がどんどん進行すると、何もしなくても虫歯が痛むことがあります。この状態になると麻酔が効きにくくなり、治療にも時間がかかるようになってしまいます。さらに放置すると痛みを感じなくなることがありますが、それは痛みを感じる神経まで虫歯菌が到達してしまい、神経が侵されてしまっているのです。痛みを感じなくなると、根を残して歯がほとんど溶けてしまっているケースも少なくありません。やむを得ない場合、抜歯を行うこともあります。

■虫歯の状態別の治療法
・C0
ごくごく初期の虫歯で、歯の表面にあるエナメル質が溶け始めている状態です。健康な歯の表面には透明感がありますが、エナメル質が溶け始めた歯の表面は白っぽくなります。この段階では溶けた部分を削る必要なく、適切な歯磨きやフッ素を塗布することで進行を食い止めることが可能です。
・C1
歯の表面のエナメル質に小さな穴が空いた状態で、まだ痛みはありません。この状態での治療は麻酔を使わず、虫歯になった部分を削り取って詰め物をする簡単なもので済みます。こういった気づきにくい虫歯を見つけるためにも、定期的に検診を受けておきましょう。
・C2
歯の表面のエナメル質を貫通し、柔らかな象牙質にまで虫歯菌が達してしまっている状態です。この段階になると冷たいものがしみるようになり、それからの虫歯の進行が早くなります。虫歯部分を削り取り、インレーと呼ばれる部分的な詰め物をする治療を行いますが、インレーを作成するにはやや時間がかかります。そのため、治療にかかる時間が長くなってしまうことも。
・C3
エナメル質と象牙質をも貫通し、歯髄(歯の神経)にまで虫歯菌が達してしまった状態です。熱いものがしみたり、何もしなくても痛みを感じたりするようになってしまいます。虫歯で痛みを感じる段階として、もっとも危険な状態であるといえるでしょう。この段階になると、炎症を起こしている場所を取り除く「根管治療」が必要になることがあります。ビルの基礎工事のようなもので、変質した歯髄を取り除き、人体に無害な材料を注入します。歯の根を補強し、虫歯菌を入り込ませないようにする処置です。
・C4
ほとんど歯が溶けてしまい、歯の根しか残っていないこともあります。C3と同じように詰め物や被せ物をする治療が行われますが、歯髄が完全に虫歯菌に侵され、痛みを感じなくなってしまった場合はやむを得ず抜歯することがあります。歯髄が完全に侵されてしまうと根に膿(うみ)を持つようになり、治療にも長い時間がかかることも。保存治療(歯を残す治療)が難しくなってしまいます。

■歯がなくなってしまったら
歯がなくなってしまうと、噛み合わせが悪くなることで他の体調不良を引き起こすことがあります。それを防ぐために、抜歯した後に新たな歯として医療器具を埋め込むことができます。
・インプラント
体内に埋め込む医療器具の総称をインプラントといいますが、この場合はあごの骨に人口歯根を埋め込むことです。インプラントには手術が必要なので、新たな歯を手に入れるにはやや時間がかかります。
・ブリッジ
抜けた歯が1、2本で、周辺にまだ健康な歯がある場合は、健康な歯を利用して橋のようにダミーの歯を作ります。このダミーの歯をブリッジといい、特別な要望がない限りは健康保険が適応できる治療です。費用もあまりかからずスピーディーにできるブリッジですが、周囲の健康な歯を削ってしまう必要があります。
・入れ歯
自分自身の口内から型を取り、周囲の歯を利用してバネで固定する人口歯です。ブリッジを避けたい場合や、ブリッジに適した歯がない場合に用いられます。こちらも保険の適応内ですが、口内に人工物があることで違和感を覚える方も多いようです。

抜歯後の治療には一長一短があり、万人に適したものはありません。歯科医と相談して、治療後の口内環境やライフスタイルによって必要な治療を選択しましょう。

一覧へもどる