お役立ちコラム

虫歯治療で歯を削るのはどんな時?

虫歯

■「削る」だけが治療ではない
「虫歯の治療をするには歯を削らなければならない」。そう考えている人もいるかもしれませんが、歯を削るだけが虫歯の治療ではありません。場合によっては、歯を削らずに済むこともあります。では、削らずに済む場合とはどのようなケースなのでしょうか。ここでは、削らずに済む虫歯や、歯医者が虫歯を進行させないために行っている、削らない治療方法についてご紹介します。

■削らない虫歯
・初期虫歯
歯の表面が白く変色しただけの初期虫歯は、口内環境を改善すれば虫歯の進行を止めることができます。治療はフッ素の塗布なので、治療も早く簡単に終わります。

・黒い虫歯
虫歯の中には、歯の溝が黒く変色してしまうタイプのものもあります。こういった虫歯も、上記同様、口内環境を改善すれば進行を遅らせたり、止めたりすることができます。このタイプの虫歯は歯の表面ではなく内部で広がっていることもあるため、深くまで進行していた場合は削る治療が必要となります。しかし、それほど深く虫歯が進行していない限り、経過観察で様子を見ることができるので、歯医者で削ることはありません。

■削らない治療法
歯医者の中には、「削らない」方法で虫歯を治療している人もいます。では、そのような歯医者が行っている虫歯治療法にはどのようなものがあるのでしょうか。

・唾液検査
「なぜ虫歯ができてしまったのか」。その理由を知ることができれば、悪い部分を改善し、虫歯が進行しないように対策を取ることができます。そのために行われるのが唾液検査です。唾液検査では、「虫歯菌がどのくらいいるか」「唾液の量」などを調べることができます。虫歯がまだ初期段階であった場合、口内環境の改善で虫歯の進行を止めることができるので、「よい口内環境づくり」のために唾液検査を行い、経過を観察する場合があります。

・歯医者でメンテナンス
初期段階の虫歯の場合、日々の歯磨きの仕方を変えるだけで進行を食い止めることができます。しかし、歯の隙間や小さい溝など、口の中には凸凹がたくさん。きちんと汚れを落とせているように感じても、完璧に歯の汚れを落とすことは難しいため、磨き残しがある状態となってしまっています。歯医者では、そういったことをなくすために定期的に歯のメンテナンスを行っています。

・3DS
口内に初期虫歯が複数ある人には、「3DS」という方法で治療が行われることもあります。3DSとは、歯を強化するために行う治療で、マウスピースに「フッ素」や「ミネラルを」入れ、歯に装着することで虫歯の進行を止めるという方法です。5分間ほど歯に浸すだけ、という簡単に行なえる治療です。

・MIペースト
MIペーストとは、「カルシウム」や「リン」が含まれたペーストです。これらの成分は歯を作るのに必要な成分で、使用することで歯にミネラルを補給することができます。虫歯で柔らかくなってしまった部分を再び固い歯質に戻すことが可能で、まだ虫歯が初期虫歯だった場合に検討される方法です。

・バイオガイア
バイオガイアとは、口の中にある虫歯菌、「ラクトバチルス・ロイテリ菌」を善玉菌に変えるという方法です。口の中に善玉菌が増えることによって、虫歯菌が繁殖しない、生まれない環境にすることができるので、削らずとも虫歯を治療することができるのです。

■歯は削らなければ再生する
一度、歯を削り詰め物を詰めてしまうと、詰め物が取れたり劣化したりする度に詰め直さなければいけなくなってしまいます。歯を削らずに治療した場合、上記のようなことをせずに済みますし、歯も再生することができます。今一度口内環境を見直し、虫歯を削らず治してみませんか?

一覧へもどる