お役立ちコラム

虫歯菌(ミュータンス菌)の3つの治療法

虫歯

■虫歯になりにくい体質は、3歳までに決定される
虫歯の原因菌の1つであり、虫歯菌とも呼ばれるミュータンス菌。この菌は生まれたばかりの赤ん坊の口内には存在しておらず、感染者からの口移しや食器の共有によって口に入り感染します。およそ3歳までミュータンス菌に感染しなかった人は、それ以降ミュータンス菌に感染しても菌が定着せず、虫歯になりにくいといわれています。
子どもにミュータンス菌を感染させないためにも、口内の環境が安定する3歳あたりまで、保護者が感染予防を意識することが大切です。また保護者のミュータンス菌を活発化させないために、保護者は自身の歯を清潔に保ち、子どもに口移しで食べ物を与えたり、食器を共有してミュータンス菌を感染させないように気をつけましょう。

■ミュータンス菌の活動を抑制するのに有効な3つの方法
1度棲みついてしまったミュータンス菌を完全に除菌することは難しいですが、数を減らし、活動させにくくすることは可能です。
ミュータンス菌を活発化させないためには、何よりも普段からの歯みがきが肝要となります。しかしそれだけではなかなかミュータンス菌を減らすまでとはいきません。ミュータンス菌を減らす方法としては、次の3つが有効とされています。

・フッ素
フッ素はミュータンス菌の活動を抑え、虫歯のもととなる酸がつくられるのを抑制します。更に、酸によって溶け出した歯のカルシウムやリンを歯の表面に戻す再石灰化を促したり、歯の表面が酸に溶けにくい性質に強化するなど、さまざまな働きをします。
3ヶ月に1度程度の頻度で歯医者に行き、歯にフッ素を塗布してもらうと、有効な虫歯予防となります。更に、フッ素が配合された歯磨き粉を継続して使用すると、ミュータンス菌の活動が抑えられ、虫歯を予防することができます。

・キシリトール
キシリトールは天然の甘味料で、糖アルコールと呼ばれる炭水化物の一種です。ガムやタブレットなどによく含まれています。
口内は通常時は中性を保っていますが、食事をすると口の中のミュータンス菌が食べかすなどに含まれる糖分を取り込んで酸を吐き出し、口内環境が酸性に傾きます。この酸が虫歯の原因となるのですが、キシリトールはミュータンス菌が取り込んでも酸の材料にならず、逆に酸を生成しにくくしたり、酸の中和を促進する働きをしたりします。更に、甘さで唾液の分泌を促し、唾液中のカルシウムを安定させて歯に運ぶことにより、歯の再石灰化を助けます。
キシリトールを摂り続けることにより、ミュータンス菌の働きを弱めることができます。キシリトールが50%以上含まれていて、ほかの砂糖などの糖類が含まれていないガムやタブレットがおすすめです。

・歯のクリーニング
毎日の歯磨きはもちろん大切ですが、歯医者で定期的なクリーニングをしてもらうことも、ミュータンス菌の活動を阻害するためには重要です。
ミュータンス菌をはじめとする細菌は、歯の表面や歯の隙間、歯と歯ぐきの間といったところにバイオフィルムと呼ばれるコロニーを形成します。粘着状のコロニーであるバイオフィルムは、ふつうに歯磨きをしてもなかなか除去することはできません。歯医者で専用の器具と薬剤を用いてバイオフィルムを除去することで、ミュータンス菌の活動を抑制し、虫歯を予防することができます。

■普段からの生活習慣の改善も重要です
フッ素やキシリトール、歯のクリーニングなどでミュータンス菌の活動を抑制したとしても、だらだらと間食ばかり続けたり、糖分を摂り過ぎたり、歯磨きを怠っていると、虫歯になってしまうことがあります。ミュータンス菌の活動を抑え、虫歯ができにくくするためには、食生活や歯磨きといった毎日の生活習慣の改善が何より有効な方法であるといえるでしょう。

一覧へもどる