お役立ちコラム

虫歯の治療後に痛みが…それは再発しているサインかも

虫歯

■せっかく治療したのに痛くなるのは、なぜ?
時間を作って歯医者に通い、治療した歯がまた痛み出した……。残念ながら、こういったケースは決して少なくはないようです。どんな歯科でも虫歯菌を100%取り除けるわけではなく、取り残した虫歯菌が治療した部分に入り込んでしまえば、また痛み出してしまいます。治療したからといって、それを放っておいてしまうと、治療前よりも重度の虫歯になってしまったり、神経を取る治療を行うことになったりすることも。本当は、虫歯を進行させないように、もっとも初期の虫歯のうちに治療してしまうのが最良なのです。

■治療後に歯が痛む原因
・虫歯を治療したあと、神経が過敏になって痛む
虫歯になった部分を削り取ることによって一時的に神経が過敏になり、しみて痛みを感じることがあります。ほとんどの場合は2、3日程度で痛みがひいてきますが、場合によっては長い間痛みが続くことも。強い痛みを感じるとき以外はあまり神経の処置をすることはありませんが、気になる場合は歯科医に相談してみましょう。

・神経を残すための治療をしたあとに痛む
口内環境のために、神経をできるだけ残す治療をしたあとに痛みを感じることがあります。残した神経の一部に細菌が入り込んでしまったことで痛むのですが、神経を取ってしまうと歯がもろく、割れやすくなってしまいます。一時的な痛みであれば痛み止めを処方されますが、噛むと痛みを感じたり、強い痛みが続いたりする場合は神経が細菌に侵されてしまっている可能性があります。あごの中に膿を溜めてしまう危険もあるので、歯の根の治療に移行することも。

・神経を取ったあとに痛む
神経を取る治療をしたあとに痛みを感じることがあります。鎮痛剤が処方され、4、5日飲み続けているうちに落ち着くことが多いですが、患者によっては治療するたびに痛む人もいます。神経を取ったあとに何度も歯の根を触るとかえって痛みが続いてしまうので、根が綺麗になったら薬を詰めて経過を見る歯科医が多いようです。

・神経を取ってしばらく経つのに痛む
残念ながら、痛む原因となる全ての神経を取り除けるわけではありません。残った神経の一部が冷たいものや固い食べ物などに敏感に反応することもあるので、神経を取ったあとの痛みがある場合は迷わず歯科医に相談しましょう。また、歯の神経は大きな神経のほかに「副根」と呼ばれる細く小さな神経がたくさんあります。副根は治療が非常に難しく、取り除くことができません。

・被せ物をしたあとの痛み
歯に被せ物をしたあとに、ものを噛むと痛みを感じることがあります。治療前までは痛みで強く噛むことができなかったため周囲の骨が緩み、強く噛むと痛みを感じてしまうのです。噛む力に少しずつ慣れていくと、1か月ほどで周りの歯に馴染んで痛みを感じなくなります。それ以上経っても痛みを感じるようであれば、歯科で噛み合わせを調整してもらいましょう。違和感が続く場合は、レントゲンで歯の状態を確認する必要もあります。

■治療後の歯の痛みへの対処法
治療後に歯が痛み出したときに歯科医に相談しても、すぐに治療をしてもらえるわけではありません。通院の合間の対処法として、市販の鎮痛剤を飲むといいでしょう。痛む部分を外側から冷やしたり、なるべく固い食べ物を避けたりする方法もあります。どんな歯科医でも、一度の治療で全ての虫歯の原因を取り除くのは至難の業です。歯科によっては、虫歯の部分に色をつけて目視しやくすし、治療の補助となる「う蝕顕示薬」を使用してから治療を開始するところもあります。歯科を選ぶときのひとつの基準として、覚えておいてもいいかもしれません。

どの歯が虫歯菌に感染しているかということは、どんな歯科医でも目視しただけでは完全に判断することはできません。先に述べた「う蝕顕示薬」を使用していたり、治療後もアフターケアをしたりしてくれるような、自分自身に合った歯科医を見つけることができれば一番です。

一覧へもどる