お役立ちコラム

歯がズキズキする…そんな症状は虫歯のせいかも

虫歯

■虫歯の疑いがあると思ったら歯医者へ
歯がズキズキと痛む症状がある場合、すぐにお近くの歯医者に検査をしてもらうことをおすすめします。なぜなら虫歯そのものは自力で治すことが困難であるためです。一度、虫歯になったその歯は、しっかりと削るか抜くかをしなければ治すことは難しいのです。もちろん虫歯が初期の状態であれば、自力で虫歯を治療する方法もあります。ただし、初期状態のうちからなにも対策せずに放置をしていると、それはやがて立派な虫歯へと変化してしまいます。虫歯は単に口の中の病気というだけのものではありません。虫歯をそのままにしていると、やがてそこから発生した細菌が体の中へと侵入してしまいます。だからこそ、虫歯を見つけ次第、速やかに治療をしてもらうことが先決なのです。では、そもそもなぜ虫歯になると歯がズキズキと痛むのでしょうか?

■ズキズキの原因は?
「歯が痛む」というよりも、「歯茎の中からズキズキ痛む」というような症状ではありませんか? この痛みの原因として、虫歯や歯周病が考えられます。これらの症状が進行してしまうと、神経や歯の根っこの周囲まで炎症してしまいます。この炎症がズキズキとした痛みを生み出してしまうのです。中には神経を抜いたにも関わらずにズキズキと痛むことがあります。これは神経を抜いた部分に塗った薬の影響で、いつの間にか炎症を起こしてしまったと考えられます。神経がある人のズキズキは、そのままにしておくと顎に細菌だらけの膿が溜まってしまうという病気にかかることがあります。いずれも放っておいては危険ですので、すぐに歯医者に相談をするようにしてください。

■初期段階の虫歯を自力で治すには
虫歯が初期段階という人の場合、自力で治す方法があります。自力で治すためには歯の再石灰化が重要なカギを握っています。

・デンタルフロスを使ってプラークを徹底的になくす
プラークとは、歯の表面などについてしまった虫歯の原因となる細菌の集合体がバリアを張ってしまった状態のものを指します。一度、バリアを張られてしまうと歯ブラシだけでは取り除くことは困難です。そんな時に役に立つのがドラックストアなどでも販売されているデンタルフロスです。歯と歯の間の食べカスなどを絡めて取り除くことができ、歯ブラシと併用をすれば虫歯予防効果は80%以上になるといわれています。

・唾液の分泌量を増やす
虫歯になる人の多くは唾液の分泌量が少ない傾向があります。食事のときは食べ物をいつもより多く噛む癖をつけたり、歯磨きの後にキシリトールガムを噛んだりするようにすると、唾液の分泌量を増やすことができます。

・糖となるものの摂取や間食を控える
菌は糖をエサとしているため、虫歯菌が繁殖しないためにも糖に変化する食べ物や間食は極力控えるようにするといいでしょう。

・フッ素を歯に塗る
フッ素は歯を強くして、初期の虫歯を治す効果があるとして注目されている成分です。それを直接歯に塗ることで虫歯を治療します。フッ素には多くの種類があるため、虫歯の状況や口腔内の状況に合わせて使用してください。

・歯医者に相談をする
歯医者でドリルなどを使って治療をするのではなく、あくまでも自然治癒をしたいことを伝えることで的確なアドバイスや歯ブラシの使用方法、そして歯のクリーニングなどを行ってもらうことができます。プロの手を借りることでより正確に虫歯を治すことができます。

■それでも症状が悪化した場合
初期段階の虫歯は自力で治療をすることができても、上記のことがしっかりとできていなければ症状は進行してしまいます。また、万が一、悪化してしまった場合、上記のことをいくら行っても治療ができなくなってしまいます。そのときは歯医者での治療が必須となるため、さらに酷くならない内に歯医者でドリルを使って削りとることを推奨します。もしもこれを放っておいた場合には、その歯を根元から抜歯しないといけないことになりかねません。特に大人の歯は大事な歯ですので、できればそんな症状に至るまでの間にしっかりと虫歯対策を行っておくようにしてください。歯についてわからないことがあれば、気軽に歯科医に訪れてアドバイスをもらうようにするといいでしょう。

一覧へもどる