お役立ちコラム

虫歯の症状「痛み」がなくなったら危険のサイン

虫歯

虫歯の症状のひとつとして「痛み」が挙げられます。症状が進行するに連れて、どんどん歯の痛みは増します。そして、痛みがあるにも関わらず虫歯を放置してしまうと、急に歯の痛みがなくなってしまうことがあります。このとき、自然に治ったわけではなく、歯では恐ろしいことが起きているのです。虫歯は放置しても良くなるものではなく、早めに治療することが大切です。ここでは、歯の痛みがなくなってしまったとき、歯でどのようなことが起きているのかをご紹介します。

■激痛を我慢しているといつの間にか痛みがなくなった
初期の虫歯の場合、あまり痛みを感じることがありません。そのため、鏡で歯を見たときに黒くなったり欠けていたりしても、「痛みがないから大丈夫」と考え、虫歯を放置する人は少なくないかもしれません。虫歯で歯が痛いと感じるのは、歯の神経付近まで虫歯菌が達したときです。

歯に痛みがあっても、「歯医者が怖い」、「歯医者に行く時間がない」などの理由から、放置してしまう人もいるかもしれません。しかし、虫歯を放置すると痛みは増し、歯が溶けてしまう可能性があります。また、人によっては、虫歯を放置するといつの間にか痛みを感じなくなることがあります。痛みを感じないからといって、決して虫歯が治ったわけではありません。痛みがなくなったのは、歯の神経が死んでしまったからです。

■放置しすぎると歯がボロボロになってしまう
歯の神経には、「歯に栄養を送り届ける」「歯を細菌から守る」「食べ物の温度を感じさせる」などの役割を持っています。重要な役割を持つ歯の神経が死んでしまうと、歯は弱ってしまい、ボロボロに割れてしまう可能性があります。

また、歯の神経が死んでしまうと、歯茎に膿をもつようになり、歯茎がズキズキと痛み出します。歯の痛みから、歯茎への痛みへと変わり、何をしても痛みが治まらないまでに症状が悪化してしまうのです。歯茎に炎症が起きると、熱が出たり頬が腫れたりします。

■虫歯の症状が進行していると抜歯治療になる可能性が
虫歯が進行して歯の神経が死んでしまうと、抜歯治療になる可能性があります。歯の神経が死んでしまったとき、歯茎に膿が溜まり、この膿がどんどん広がって歯の骨を溶かしてしまいます。それにより、顎の骨にまで菌が繁殖し、骨髄炎などの病気を引き起こしてしまう可能性があるのです。また、歯の根っこのみ残っている場合、歯茎などに菌が繁殖して歯茎の腫れや口臭につながることも。虫歯によって体や周りの歯に影響が出る可能性があるときは、抜歯治療を行います。

ただ、抜歯をしなくてもできる「エクストルージョン」や「クラウンレングスニング」という治療があります。エクストルージョンとは、歯の根っこ部分が残っているときに有効で、専用の器具を使用して歯を引っ張り、歯肉の上に出す治療方法です。クラウンレングスニングとは、歯茎を下げてその下にある虫歯に被せ物をする治療方法です。

■虫歯の痛みが消える前に早めの治療を
抜歯治療以外の治療法があるとはいっても、やはり早めに虫歯を治療するに越したことはありません。虫歯がある人は、急に痛みがなくなったからといって放置してしまうのはとても危険です。歯に痛みがなくなったときには、歯の神経が死んでしまい、ボロボロの歯になってしまう可能性があります。鏡を見て歯が黒くなっていたり欠けていたりするときは、虫歯になっていることが考えられるため、早めに歯科医へ行って虫歯治療を受けましょう。また、歯に痛みを感じるなどの症状が見られたときも、早めに歯科医へ行きましょう。初期段階で虫歯治療を受けることで、治療回数も少なくて済み、抜歯の心配もなく綺麗な自分の歯を維持できます。

一覧へもどる