お役立ちコラム

虫歯の原因は口呼吸!?

虫歯

■虫歯の根本的な原因とはなにか、知っていますか?
一般的に知られている虫歯の原因には、“歯のみがき残し”や“甘いものの食べ過ぎ”などが挙げられます。多くの人は、この原因を改善しようとして念入りな歯みがきや甘いものを控えようとしますが、実際はこれら以前に改善すべき“根本的な原因”があります。それは“口呼吸”です。
そこでここでは、鼻呼吸との違い、口呼吸がなぜ虫歯の原因となるのか、などについてご紹介します。

■口は呼吸するのに適していない
人間の体は、鼻呼吸の作りになっています。口呼吸は成長する過程で自然と身につくものであるため、最初からできる人はいません。そのため、生まれたばかりの赤ちゃんは口で呼吸することができず、本能的に鼻で呼吸するのです。
鼻と口はいずれも喉や肺への気管に繋がっているため、呼吸することは可能です。しかし、口は食べたり飲んだりする消化器官として存在しているため、呼吸に適した作りになっていないのです。また、鼻には呼吸をする上で大きな役割を持つ“毛”が生えていますが、口にはありません。この点から考えても、口は呼吸には適していないことがわかります。

■鼻呼吸と口呼吸、なにが違う?
では、鼻呼吸と口呼吸、これら2つはどのような点で違いがあるのでしょうか。上記の“毛の有無”をはじめとする相違点についてご紹介します。

・鼻呼吸
鼻には毛があります。そのため、空気と一緒に吸い込まれたホコリやチリが体内へ侵入するのを防ぐことができます。また、鼻呼吸の場合は空気を加湿させ、温かくして喉や肺に送り込むことができます。これにより、きれいな空気を、喉や肺へ刺激を与えることなく送り込むことができるのです。気管を清潔に保つことができれば免疫力が向上し、脳も活発に働きます。また鼻呼吸は口を開く必要がないため、唾液の乾燥も防ぐことができます。常に唾液が口の中にあれば抗菌作用が発揮され、虫歯になるのを防ぐことができます。

・口呼吸
口で呼吸をすると、空気は直接気管へと送り込まれます。そのため、細菌による影響が喉や肺に直接伝わりやすくなるのです。さらに、口呼吸は気管を乾燥させ免疫力を低下させてしまうため、風邪などを引きやすくなってしまいます。口呼吸による乾燥は気管だけでなく、口内も同様。口内が乾燥すると虫歯や歯周病などを発症する恐れがあります。また、口を開けている状態が続くと口周りの筋肉の緊張が解け、しわやたるみの原因となってしまうこともあります

■口呼吸による影響とは
上記からわかるように、口で呼吸していると虫歯や歯周病などのお口のトラブルに悩まされる危険性が高まります。ここでは、口呼吸による影響について、より詳しくご紹介します。

・前歯が虫歯になる
口を開けた状態でいると、前歯が乾燥しやすくなります。歯は初期虫歯を治すため、常に唾液のミネラルを供給させています。乾燥状態が続き、唾液による効果をもたらすことができなくなってしまうと、乾燥している前歯が虫歯になってしまいます。

・歯周病になる
歯茎は、唾液の殺菌作用のおかげで常に清潔に保たれています。しかし、口呼吸で口内が乾燥してしまうと、歯茎を守る唾液が分泌されなくなり、赤くなったり腫れが生じたりしてしまいます。この症状が悪化すると、最終的には歯周病となります。

・口臭がひどくなる
口臭のおもな原因は口内の細菌です。通常は唾液の抗菌作用によって細菌が抑えられていますが、口呼吸をすることで口内を乾燥させてしまうと、細菌の量が増え続け、口臭はかなりひどくなります。

■まとめ
口で呼吸をすると口内が乾燥してしまいます。乾燥すると唾液の分泌が不十分になってしまうため、歯を細菌から守ることができず、虫歯になってしまうのです。この悪循環を阻止するためには、鼻で呼吸するよう意識することが大切です。そうすれば、悪循環の発端である“口内の乾燥“を簡単に防ぐことができます。
呼吸法ひとつで、虫歯や歯周病を予防することができます。今一度、自分の呼吸法を見直してみましょう。

一覧へもどる