お役立ちコラム

虫歯の原因は虫歯菌!

虫歯

■虫歯の原因菌は?
口の中には何百種類という菌が生息していますが、その中には虫歯の原因となる“虫歯菌”も存在します。
では、その菌とはどのようなものなのでしょうか。
ここでは、虫歯の原因となる“ミュータンス菌”と“ラクトバチラス菌”についてご紹介します。

・ミュータンス菌
ミュータンス菌は、虫歯菌の中でも「虫歯を作る」菌で、口の中で酸を作り出し、徐々に歯を溶かしていくといわれています。その感染経路は、主に「唾液」です。
赤ちゃんの口の中には虫歯菌がいないとよくいわれますが、これは事実。しかし、親が同じお箸やスプーン等を使ったり、口移しでものを食べさせたりすることで、赤ちゃんの口の中にミュータンス菌が入ってしまうのです。
一度口の中に侵入してしまったミュータンス菌は“グルカン”というネバネバの物質を作り出し、歯にくっつきます。このグルカンは歯磨きではなかなか落とせません。
そのため、ミュータンス菌を口の中から排除することは難しいのです。

・ラクトバチルス菌
ミュータンス菌で溶かされた歯に棲みつき、虫歯を促進させる菌がラクトバチルス菌。付着するとミュータンス菌同様、強い酸を作り出します。
ラクトバチルス菌は炭水化物や砂糖、乳酸菌飲料など普段人間が口にするものの中に多く含まれています。

■菌を減らすには?
先述したように、虫歯菌は完全な排除が難しい菌です。しかし、あることを行えば虫歯菌の数を大幅に減らすことができます。数さえ減れば虫歯になる確率を低く抑えることができるので、虫歯とサヨナラしたいあなたはぜひ実践してみてください。

それではここで、虫歯菌を減らすために有効な方法を、菌別にご紹介します。

●ミュータンス菌

・“フッ化第一スズ”が含まれたホームジェルを利用しよう
ホームジェルとは、酸に負けないように歯質を強化するジェル状のオーラルケア用品です。
成分の一つに「フッ化物」が含まれており、これが虫歯によって溶けた歯の再石灰化を促進しています。
フッ化物にはさまざまな種類があり、「フッ化ナトリウム」、「リン酸カルシウム」などホームジェルによって含まれているものは異なります。その中でも虫歯菌を減らすために有効なのが、“フッ化第一スズ”。
他のフッ化物にもある“歯質強化”、“歯の再石灰化促進”の効果に加えて、虫歯の原因菌の“発育防止”にも優れた効果を発揮します。原因菌を増殖させないようにすることができるため、虫歯から歯を守ることができます。

・キシリトールが50%以上含まれているガムを食べる
歯によいといわれている「キシリトール」。しかし、具体的にどのような効果を持っているのか分からない人も多いのではないでしょうか。実はキシリトールは、ミュータンス菌の働きを抑えるという効果を持っている成分なのです。また、唾液の分泌も促してくれるので、食事で酸性に傾いた口内を中和させることができます。そんなキシリトールは主にガムやタブレットなどに含まれており、成分量は製品によって異なります。キシリトール量が少なくても効果を得ることはできるのですが、より効果的に虫歯対策をするならキシリトールが50%以上含まれている高濃度なガムやタブレットを選ぶのがおすすめです。

●ラクトバチラス菌

・糖分の多い食べ物の摂取を制限する
ラクトバチラス菌は、炭水化物や砂糖など糖分によって酸性に傾いた口の中に繁殖します。そのため、ラクトバチラス菌を抑えるためには、糖分の多い食べ物を制限することが大切です。
だからといって、全く食べてはいけないというわけではありません。“食べる回数”を制限することがポイントです。
“食後だけ”、“お昼のおやつ時だけ”など決まった時間に食べるようにすることで、口の中が酸性に傾く頻度を少なくすることができます。そうすることで、ラクトバチラス菌は活動しにくくなり、口の中で繁殖しないようにコントロールすることができるのです。

■やはり大切なのは日々の心掛け
上記で紹介したように、虫歯の原因菌は減らすことが可能です。しかし、やはり一番大切なのは日々の歯磨き。普段から虫歯菌が少ない状態にするために、清潔な口内を保つことが必要なのです。食後に歯を磨くのはもちろんのこと、磨く際もフロスや歯間ブラシなどを使って歯の隙間までお手入れをすることで、虫歯の餌となる食べかすを綺麗に取り除くことができます。

一覧へもどる