お役立ちコラム

妊娠中は気をつけたい!母の虫歯が赤ちゃんにも影響

虫歯

■妊娠中、虫歯になりやすいのはなぜ?
妊娠中は虫歯になりやすいといわれています。妊娠中に起こる体の変化が口内にも影響を及ぼしてしまい、妊娠前よりも虫歯菌が繁殖しやすくなっているのです。妊娠中の人が虫歯になりやすい原因をご紹介します。

・つわりがひどく、歯磨きができない
妊娠初期に起こるつわり。つわりによって起こる影響は人によって違いますが、その中でも匂いや味に敏感になる人がいます。歯磨き粉の匂いや味が嫌になってしまったり、歯ブラシを口に入れること自体がつらくなってしまったりすることも。つらい歯磨きを敬遠するようになると、口内で虫歯菌が繁殖して虫歯になりやすくなってしまいます。

・ホルモンバランスの変化
妊娠するとホルモンバランスが変化し、唾液の質が変化します。粘り気のある唾液になり、口内で細菌が活動しやすくなってしまうのです。また、妊娠中は唾液の量が減り、口内が酸性になりやすくなってしまいます。口内が酸性になると、歯の修復機能「再石灰化」が上手に働かなくなり、虫歯が進行しやすくなります。

・口内が酸性状態になる時間が長くなる
赤ちゃんが成長して子宮の中で大きくなると、胃袋が圧迫されてしまいます。すると一度にたくさん食べることがつらくなり、少しの食事を何度も摂ることになります。食後すぐは口内が酸性になり、虫歯菌が活動しやすい環境。口内が酸性状態になる時間が長いと、それだけ虫歯になる可能性も上がるのです。

■妊娠中の虫歯、赤ちゃんにはどう影響する?
妊娠中のお母さんが虫歯になっていたとき、お腹の中にいる赤ちゃんに何か影響があるのではないか……。知っているようで意外と知られていないことです。お母さんが持っている虫歯菌が赤ちゃんに影響するのは、赤ちゃんが生まれてきてから。お母さんの唾液を介して赤ちゃんに虫歯菌が感染することを「母子感染」といいます。同じ食器を使ったり、お母さんが一度口に入れた食べ物を赤ちゃんが食べたりすることで起こります。特に奥歯が生え始める生後19か月から、乳歯が生え揃う31か月頃は「感染の窓」とされ、虫歯菌に感染するリスクが最も高い時期です。赤ちゃんだけでなく、お母さんも毎日のケアが必要になってきます。

■妊娠中でもできるケア
・毎日の歯磨き
虫歯予防は毎日の歯磨きから。決まった時間に行わなくても構いませんので、体調の良いときに歯磨きをするといいでしょう。どうしてもつらいときは、ヘッドの小さい歯ブラシを使ってみてください。歯磨き粉も、味や匂いの少ないものを選びましょう。

・デンタルフロスやマウスウォッシュなどを使う
つわりがつらいときは、無理に歯を磨こうとしないほうがいいでしょう。いつも歯磨きをしている時間につわりが来てしまったら、フッ素配合のマウスウォッシュを使って、口内の酸を少しでも抑えます。歯磨きができるようでしたら、デンタルフロスで歯と歯の隙間にある歯垢を落とすと、虫歯菌の繁殖をより抑えることができます。

・アメを長時間舐めたり、糖分の多い飲み物を飲み続けたりすることを控える
妊娠中は味に敏感になったり、アメや甘い飲み物が欲しくなったりすることがあります。しかし、糖分は虫歯菌のエネルギー。糖分が口内にあるほど、虫歯菌が繁殖しやすくなります。口が寂しいときは、キシリトール入りのガムを噛むようにしましょう。ガムを噛むことによって唾液が出るようになり、口内を健康な状態に近づけます。

各自治体で「妊婦歯科検診」が行われています。歯科で検診を受け、歯科医から適切な指示を受けましょう。小さな虫歯であれば、赤ちゃんに影響のない方法で治療することができます。お母さんになる準備のひとつとして、虫歯の予防を心がけてみてはいかがでしょうか。

一覧へもどる