お役立ちコラム

乳歯の虫歯が永久歯にまで影響!

虫歯

■これから生え変わる乳歯の虫歯、治療は必要?
ある日、子どもの歯を見てみたら、虫歯のような歯が……。しかし、子どもの乳歯はこれから永久歯に生え変わるもの。そのうち抜ける歯にできた虫歯は、はたして治療する必要があるのでしょうか。どんな歯であれ、虫歯は虫歯。特に子どもの乳歯にできた虫歯となれば、子どもが一生付き合っていく永久歯に大きな影響を与えてしまうこともあります。生え変わるからといって治療が必要ないわけではありません。今回は、乳歯の虫歯が永久歯や子どもの口内に与える影響についてご紹介します。

■乳歯の虫歯が、子どもの歯にこんな影響を与える
・これから生えてくる永久歯が虫歯になりやすい
乳歯の虫歯は、放置すると歯の根まで到達します。根まで到達した虫歯菌は膿を発生させ、根の先に溜まってしまうのです。乳歯の真下に作られる永久歯は溜まった膿を通って生えてくるので、生えたばかりの永久歯がすでに虫歯菌を持っている状態になってしまいます。その結果、元から虫歯になりやすい永久歯と一生付き合っていかなくてはならないことになりかねません。

・噛む機能が低下し、あごの発達を阻害する
虫歯になると痛みを感じるようになるので、虫歯になっていない歯でばかり噛んでしまうようになります。そして両方が虫歯になると、痛みを避けるためにあまり噛まずに食べ物を飲み込んでしまうようになります。骨が大きく発達する幼児期にこのようなことが起こると、噛む回数が減ることによってあごの発達が阻害され、ものを噛む機能が低下してしまいます。乳歯を健康に保つことは、あごや歯の健康な発達につながるのです。

・永久歯が生えてくるときの歯並びに影響する
乳歯が虫歯になり、早いうちから抜けてしまうと、奥に生えている歯が手前に移動してくることにより、永久歯の歯並びが悪くなることがあります。前歯が奥の方にずれて生えてしまったり、犬歯が外向きに生えてしまったりと、歯としての機能だけでなく見た目にも影響が出てしまうことも。歯が生えてくる本来の順番を守るためにも、乳歯の虫歯も治療する必要があります。

・食欲の低下や、偏食への可能性
虫歯の悪化により子どもの食欲がなくなり、成長期に必要な栄養をきちんと摂ることができなくなる可能性があります。また、虫歯の痛みを避けるために柔らかい食べ物ばかりを好むようになると、偏食になってしまうことも。食欲低下や偏食は、子どもの成長そのものに大きく影響します。

■親子でできるデンタルケア
まだまだ小さい子どもには、虫歯予防も保護者である両親がきちんと気を配ってあげましょう。親子で一緒にできるデンタルケアをいくつかご紹介します。

・毎日の歯磨き
一番のデンタルケアはやはり歯磨きです。仕上げの歯磨きが必要な年齢までは、両親がしっかりと子どもの歯の状態を把握して虫歯になりやすいところを磨き直してあげるといいでしょう。特に虫歯になりやすいのは、ものを噛む面にある溝と、歯と歯ぐきの間。力を入れすぎず、優しく磨くことがコツです。就寝前に行う仕上げの歯磨きは、特に念入りに。

・デンタルフロス
生え変わる時期にある乳歯は、歯と歯の間にも虫歯ができやすくなっています。歯と歯の間には歯ブラシは届かないので、デンタルフロスを使って磨いてあげましょう。子どもが慣れないうちは大変かもしれませんが、就寝前にデンタルフロスを使って歯と歯の間の汚れを落としてあげてください。キッズ用のデンタルフロスが市販されているので、専用フロスを作ってあげてはいかがでしょう。

・フッ素
乳歯は永久歯よりもエナメル質が薄く、虫歯になりやすい歯です。エナメル質を強くするために、フッ素を配合した歯磨き粉や洗口剤を使ってみましょう。子どもに抵抗がなければ、歯磨き後に歯ブラシを使ってフッ素ジェルを塗布してもいいかもしれません。

・感染防止
子どもの口の中に菌が定着するのは3歳までとされています。それまでの間に、親子で同じ食器を使ったりすると、食器や食べ物などを介して親の虫歯菌が子どもの口に感染することがあります。これを母子感染といい、母子感染が起こってしまうと虫歯になりやすい口内になってしまうのです。まったく同じ食器を使わないというのは難しいと思いますので、日頃のケアをしながら子どもの口内をきちんと観察しておきましょう。

乳歯が虫歯になると、永久歯の虫歯よりも進行が早くなります。生え変わるからといって治療せずに放っておいてしまうと、子どもの成長に大きな影響を与えてしまうことも。乳歯の虫歯に気づいたら、できるだけ早めに歯科医に相談しましょう。

一覧へもどる