お役立ちコラム

歯周病に高い効果が期待される治療薬「ジスロマック」とは?

歯周病

■多くの人がかかる歯周病
虫歯と同じように、誰でもかかる可能性のある歯周病。歯垢(プラーク)に潜む細菌が原因であるため、増殖させないように毎日の歯みがきが重要です。しかし、歯みがきだけでは防ぎきれない場合もあります。そんなときに使用したいのが、細菌の増殖を抑える薬「ジスロマック」です。
ここでは、歯周病の危険性と、歯周病への効果が期待される「ジスロマック」についてご紹介します。

■歯周病の恐怖
歯周病にかかると、歯茎が赤くなり出血しやすくなります。これは細菌が出す毒素によって炎症が起きているからです。歯垢を放っておいたり磨き残しがあったりした場合は石灰化し、歯石となります。歯石になると歯みがきでは取り除くことができないため、歯医者で取ってもらわなければなりません。歯石をそのままにしておくと炎症が広がり、歯と歯茎の間にある歯周ポケットと呼ばれる溝が深くなっていきます。それにより、歯垢が溜まりやすくなってしまうのです。歯周病が悪化していくと「膿が出て口臭の原因になる」、「歯を支える役割を持つ歯槽骨が溶けてしまい、歯が抜けてしまう」といった恐れがあります。
歯周病は子どもから大人まで年齡を問わずかかる病気で、成人では約8割の人が歯周病にかかっているといわれています。さらに年を重ねると歯茎が痩せてきたり免疫力が低下したりするので、より歯周病にかかりやすくなってしまいます。

・歯周病を放置することで危険が高まる
歯周病にかかったら、早めに歯医者を受診するようにしましょう。早期治療を行うことで、治療も少ない回数で済みます。ただ、中には歯周病をそのまま放置しておく人がいるかもしれません。長期間治療を行わずにいると、歯周病菌やその菌の出す毒素などが血管に入り、心臓や肺に送られてしまう可能性があります。そうなると、病気にかかってしまったり、糖尿病や心疾患といった持病が悪化してしまったりする危険性があります。
そういったリスクを防ぐためにも、早めに治療を行うようにしましょう。

■細菌の増殖を抑える薬「ジスロマック」
歯医者で処方されることがある「ジスロマック」は、細菌の増殖を抑え、歯周病の悪化を防ぐことができるといわれています。このジスロマックには、「アジスロマイシン」という成分が入っており、喉や耳の炎症、肺炎、気管支炎など、細菌によって引き起こされる歯周病以外の病気にも使用されます。
歯垢が石灰化して歯石になると「バイオフィルム」という耐久性の高い膜が作られます。この膜は、抗生物質や抗菌剤といった薬を浸透させにくくします。しかし、ジスロマックは抗生物質や抗菌剤よりも強力で、膜に浸透して中にいる細菌を死滅させることができます。1回の服用で効果が1週間持続するといわれているので、飲み忘れることが多い抗生物質とは違い、1回で最大限の効果を得ることが可能となります。

・副作用が少ない
ジスロマックは胃腸から体内に吸収されます。そして血液に取り込まれると、炎症を起こしている部分に移動してそこにとどまります。体全体に広がらず、患部に集中的に効き目を発揮するため、副作用が少ないといわれています。主な副作用としては下痢などの胃腸障害が挙げられますが、服用回数が少ないので何度も下痢が続く、ということはありません。アレルギー反応もほとんど起こらないといわれているので、安心して服用することができます。

・服用の注意点
ジスロマックは狭心症や自己免疫疾患、血栓塞栓症などの治療で使用される薬とは併用することができない場合があるため、自分が服用している薬をきちんと医師に伝えておくことが大切です。また、母乳への影響があるといわれているので、授乳中の女性の服用も気をつけなければなりません。

■日々の習慣が大切
歯周病は、放っておくとさまざまな病気にかかりやすくなってしまいます。歯垢や歯石を放置せず、早めに歯医者を受診し治療するようにしましょう。
ジスロマックを服用しているからといって歯みがきを怠ってしまうと、新たな菌が増殖してきます。増殖を防止するには、毎日の歯みがきを丁寧に行い、定期的に歯科検診をして歯のクリーニングをすることが大切です。

一覧へもどる