お役立ちコラム

適した歯ブラシ選びと磨き方で歯周病予防ができる

歯周病

■日頃の歯磨きには、自分に合った歯ブラシを使おう
歯ブラシを買うとき、どんな基準で選んでいるでしょうか。持ち手の持ちやすさやメーカー、色や毛の固さなど条件は人それぞれ。しかし、自分の口内環境に合わない歯ブラシを使い続けていると、丁寧な歯磨きをしても逆効果になってしまうことも。自分に合わない歯ブラシを使っていると、どんなことが起きるのでしょう?
・歯に磨き残しができてしまう
歯並びや口の大きさなどによって、それぞれに適した歯ブラシがあります。自分の口に合わない歯ブラシはすみずみまで汚れを落とすことができず、磨き残しができてしまうのです。歯ブラシが届かない場所を磨くために、何本か歯ブラシを用意してもいいでしょう。
・歯茎を痛めてしまう
磨いた実感があるからという理由で、毛の固い歯ブラシが好きな人がいます。しかし、毛の固い歯ブラシで力一杯磨いてしまうと、歯茎を痛めてしまう原因になります。歯茎が弱っている人が毛の固い歯ブラシを使うことは、歯茎に傷がついたり炎症を起こすことにもつながるのです。
また、長い間力を込めて歯磨きしてしまうと、歯の表面のエナメル質が傷つき、歯の神経にしみやすくなってしまいます。知覚過敏の原因の1つともされていますので、冷たいものや甘いものがしみる人は気をつけてみましょう。
・歯周病の原因になる
先に述べたように、自分に合わない歯ブラシは磨き残しの原因になります。その磨き残しを放置してしまうことで細菌が繁殖し、歯周病を引き起こす原因の1つとなってしまうのです。歯磨きは、自宅でできるもっとも有力な歯周病予防の方法です。歯の健康のためにも、自分に合った歯ブラシを選んで丁寧な歯磨きを心がけましょう。

■歯周病を予防、改善するために使いたい歯ブラシ
歯周病は歯茎に炎症ができてしまい、歯やその周辺が弱ってしまっている状態です。そのため歯ブラシのときに痛みを感じてしまい、つい歯磨きを敬遠しがちになることも。しかし、歯垢を残しておくことは歯周病の悪化につながりますので、歯周病になってしまっても毎日の歯磨きは大切です。歯周病の予防、改善のために使える歯ブラシの条件をご紹介します。
・毛の固さは「やわらかめ」を選ぶ
歯茎が腫れて出血してしまったり、歯茎が下がって歯の根が出てしまっている場合は、毛の固さに「やわらかめ」とある歯ブラシを使うといいでしょう。ソフトな感触で、歯茎に余計な刺激を与えないやわらかさが、歯周病の予防、改善にはぴったりです。
・毛先が細めになっているものを選ぶ
歯周病になると、歯茎が下がってしまって歯周ポケット(歯と歯茎の隙間)が広がってしまいます。広くなった歯周ポケットには歯垢がたまりやすく、細菌が繁殖しやすい環境といえます。細い毛先は歯周ポケットに入り込んで歯垢を取ってくれるので、歯科医から歯周ポケットを指摘された場合は毛先の細い歯ブラシを使うといいでしょう。
・ナイロン製の歯ブラシを使う
歯ブラシの毛には、ナイロン製の他に馬毛や豚毛を使用したものがあります。動物の毛を使った歯ブラシは、歯のエナメル質を傷つけることのない優しい歯磨きができます。しかしその半面、吸水性が高いため口内の乾燥を早めてしまいます。また、歯垢を落とす効率がナイロン製に比べてやや悪いこともあり、歯周病の予防、改善にはあまり向いていません。ナイロン製の柔らかい歯ブラシを使うといいでしょう。

■歯周病の予防、改善のために行いたいブラッシング
歯周病のときには、普段の歯磨きとはまた違うブラッシングの仕方が必要になります。今回ご紹介するのは「バス法」というブラッシング方法で、歯の根本や歯茎を重点的に磨けます。
歯ブラシを45度の角度で歯と歯茎の間に軽く当てます。このとき、歯茎や歯周ポケットに毛先を入れることが大切です。柔らかく小刻みに動かし、歯を1本ずつ丁寧に磨きます。このバス法は歯周病の予防や改善に良いとされ、歯科でも指導が行われています。

歯周病を事前に予防する他、治療を終えた歯周病のセルフケアとしても歯磨きは効果的です。デンタルフロスや歯間ブラシなど、口内環境に適したブラシを使うと、より徹底したセルフケアが自宅でできるようになります。

一覧へもどる