お役立ちコラム

喫煙が歯周病の原因を作っていた

歯周病

歯周病は、プラーク(歯垢)の中にいる細菌によって、歯肉が炎症を起こす口内の病気です。また、炎症を引き起こすだけでなく、やがては歯を支えている骨まで溶かしてしまいます。歯を支える骨が溶けてなくなってしまうと、もちろん歯は抜け落ちます。歯が抜け落ちると、食事がしにくくなるだけでなく、生活にさまざまな支障をきたしてしまいます。長く健康的に生活をするためにも、歯周病予防をすることが大切です。

また、歯周病の予防をする上では、歯周病になる原因について知っておく必要があります。原因を理解していなければ、きちんと予防できないことがあるからです。そこで、ここでは歯周病の原因となる「とある生活習慣」についてご紹介します。

■タバコ(喫煙)が原因で、歯周病になる?
ここでご紹介する生活習慣は、「喫煙」です。仕事でストレスが溜まったとき、ホッと一息をつきたいときにタバコを吸うという人は多くいます。また、中にはなんとなくタバコ吸っているという人もいるでしょう。百害あって一利なしともいわれるタバコですが、タバコは歯周病を引き起こす原因のひとつでもあるのです。タバコを我慢しすぎると、ストレスとなってしまい、体に悪影響を及ぼすこともありますが、歯周病を予防したいというのであれば、タバコはなるべく吸わないようにしましょう。

なぜ、タバコが歯周病の原因となるのかというと、人間の自然治癒力に関係しています。この自然治癒力は、ある程度の病気やケガであれば、勝手に治るというものです。しかし、タバコに含まれているニコチンは、自然治癒力を弱めてしまうのです。ニコチンは、体の血流を悪くしてしまいます。血流が悪くなると、体の抵抗力が下がってしまうため、自然治癒力も弱まってしまうのです。病気にかかりやすいということは、歯周病にもかかりやすいということですし、病気が治りにくいということは、歯周病も治りにくいということです。

■やはり百害あって一利なしのタバコ
また、タバコにはニコチンのほかにもさまざまな有害物質が含まれています。タバコに含まれている有害物質は、唾液の分泌を減少させたり、歯にプラークを付着させやすくしたりします。ですから、タバコを吸う人は歯周病にかかりやすく、さらに治りにくいのです。

歯周病患者の人が歯医者に行くと「完治したいのであればタバコをやめてください」と言われます。歯周病はタバコをやめないかぎり治らないともいわれているくらい、病気に大きく関係しているのです。また、「喫煙者は、タバコを吸わない人に比べ、2倍〜6倍ほど歯周病になる可能性が高い」とされています。今は歯周病でないという人でも、タバコを吸っていると近い将来かかってしまう可能性がありますので、注意しましょう。

■禁煙を始めてみよう
しかし、先ほども説明したように、無理な禁煙は、体に大きなストレスを与えてしまい、かえって体を悪くしてしまうことがあります。ですから、いきなり一切タバコを吸わなくなるというのも、体にとってあまりよくありません。歯周病を予防したいというのであれば、まず本数を減らしてみましょう。そして、徐々に完全な喫煙を成功させることをおすすめします。口が寂しくなるという人は、ガムを持ち歩き、ガムを食べるとよいでしょう。

それでも、タバコの誘惑に勝てないというのであれば、禁煙パッチなどのグッズを使用してみてもいいですね。また、近年は禁煙を専門とした禁煙外来なるものもあります。どうしても禁煙できないという人は、一度、専門家に相談してみましょう。

歯は体にも影響します。いつまでも健康的な生活をしたいのであれば、禁煙をして歯周病を予防しましょう。

一覧へもどる