お役立ちコラム

歯周病の原因に!? 糖尿病と歯周病の意外な関係性

歯周病

■関連性がある?
近年日本人に増えている糖尿病疾患。この疾患を持っている人は、歯周病にもかかりやすいといわれています。
血液中の血糖値が上がる糖尿病と細菌によって歯肉に炎症が起こる歯周病。
2つの疾患は全く関係のないように見えますが、実は意外な相関関係があるのです。
ここでは、糖尿病と歯周病の関連性についてご紹介します。

■なぜ糖尿病が歯周病を引き起こすの?
糖尿病の症状には、立ちくらみや手足のしびれなどさまざまなものがありますが、口の中に出る症状もあります。その症状が、歯周病を誘発してしまうのです。
腎症や神経障害などと並び、糖尿病の第6番目の合併症といわれている歯周病。
その歯周病を引き起こす糖尿病の症状には、どのようなものがあるのでしょうか。

・口内の乾燥
糖尿病の人は、糖を細胞に吸収する「インスリン」というホルモンの分泌が少なかったり、機能が低下していたりします。そうなると、血液中の糖分を細胞が吸収できなくなってしまうので、血液中に多量の糖が残されたままになってしまいます。これにより高血糖が起こるのです。
血糖値が高い高血糖の状態であると、血管の外側と内側の血糖値の差をなくそうとするために浸透圧の作用が働き、これによって頻繁に尿を排泄するようになります。これが、糖尿病による頻尿のメカニズムです。また、尿によって体内の水分量が減ってしまうと、唾液の分泌量も低下します。そのため、口の中が乾いてしまうのです。
唾液には口の中を清潔に保つ作用や口内の組織を修復するという作用があり、これらは歯周病予防にも役立っています。しかし、唾液の分泌量が減ってしまうとその作用が低下してしまいます。これらの作用が働かなくなってしまうと口の中の菌が殺菌されないので、菌が繁殖しやすい状態になり、歯周病が起こりやすくなってしまうのです。

・唾液の糖分濃度が高い
唾液は元々血液から作られています。そのため、血液中の血糖値が高い高血糖の場合、唾液の糖分濃度も高くなってしまいます。そうすると、口の中は酸性に傾いた状態となってしまいます。酸が多い状態は虫歯や歯周病の原因菌が繁殖しやすい格好の環境。そのため、歯周病が引き起こされやすくなってしまうのです。

・細菌抵抗力の低下
高血糖の状態になると、体内に入り込んだ細菌を倒す白血球の一種「好中球」の働きが低下するといわれています。好中球の働きが低下すると、菌が体内に感染することを防ぐ機能も弱まってしまい、感染症にかかりやすくなってしまうのです。歯周病も感染症の一つですので、必然的に感染するリスクが高くなってしまいます。

・組織修復力の低下
歯肉や歯根膜など歯周組織の周りにプラーク(歯垢のこと)が付着していると、そのプラークの中に含まれる細菌によって歯周組織の破壊が行われてしまいます。
口の中では傷ついた歯周組織を修復する作用が働いているのですが、高血糖である場合その機能が低下してしまうので、歯周組織の破壊を食い止めることができなくなります。

■歯周病が糖尿病に与える影響もある!
糖尿病が歯周病を引き起こす原因について述べてきましたが、糖尿病が一方的に関与しているわけではありません。歯周病と糖尿病は相互に関係しており、歯周病は糖尿病の進行を早める原因となっています。
歯周病になると、歯茎内部で炎症性物質が作り出されます。この炎症性物質は、血糖値を調整するホルモン「インスリン」の働きを妨害し、血糖値を下げられないようにしてしまう可能性があります。

■糖尿病の改善が見込める?
糖尿病の人の中には、すでに歯周病が発症している人もいるのではないでしょうか。
そのような人でも、歯周病の治療をしっかり行えば血糖コントロールを改善させることができます。
血糖コントロールを正常に行うことができれば合併症が起こるリスクも減らせるので、実践してみてはいかがでしょうか。

一覧へもどる