お役立ちコラム

親知らずの虫歯、治療か抜歯か

親知らず

「親知らずがズキズキと痛む……これは虫歯かも?!」と思ったとき、治療をすべきなのか、抜歯をすべきなのか悩むことでしょう。親知らずは、歯の中で最も奥にあります。ですから、虫歯になってしまっても気づかずに進行してしまうことがあります。親知らずの虫歯が進行すると、抜歯をしなければならない可能性が高くなりますが、親知らずは抜歯をせずにきちんと治療して残しておいたほうがいいこともあるのです。

ここでは、親知らずが虫歯になったとき、抜歯をすべきなのか、治療をすべきなのかについて詳しくお教えします。

■親知らずを残して治療をしたほうがいい場合
親知らずが痛むとすぐに抜歯を考える人も多くいますが、以下のような場合は親知らずを残しておいたほうがいいです。

・噛み合わせに親知らずが関係している場合
親知らずが噛み合わせに関係している場合は、抜歯をすることで噛み合わせが悪くなってしまう可能性があるので、きちんと治療をして残しておくことをおすすめします。きちんと治療をすれば、噛める歯に戻すことができるからです。

・親知らずがまっすぐに生えている場合
親知らずが斜めや横に生えている場合は、痛みを伴ったり、親知らずによって周りの歯にも悪影響を及ぼしてしまったりすることがあるので、抜歯をする必要があります。しかし、親知らずがまっすぐに生えていて痛みを感じなかったり、他の歯に悪影響を与えることがなかったりする場合には、きちんと治療をすることで残しておくことができます。逆に、親知らずが斜めや横に生えている場合は、治療のための器具が届かないため、虫歯をきちんと治療することができない可能性があります。

・口が大きく開けられる場合
親知らずは一番奥に生えている歯なので、口を大きく開けられる人であれば、虫歯の治療ができます。虫歯の治療には、ある程度の時間、口を大きく開ける必要があります。ですから、顎関節症などで大きく口を開けることができない人は治療をすることが難しくなってしまうのです。

・親知らずの手前の歯が虫歯になっている場合
親知らずの手前の歯のほうが、親知らずよりも大きな虫歯になっている場合は、親知らずを残したまま治療をすることがあります。それは、親知らずの手前の歯の神経を取ることになった場合、寿命が短くなってしまうからです。また、親知らずの手前の歯を抜歯する場合は、抜歯後に親知らずを手前の歯の位置に誘導することもあります。年齢が若ければ、親知らずが出てくる力が残っているので、手前の歯を抜歯すると、親知らずが前に動いてきます。親知らずの虫歯はその後治療します。

以上に当てはまる人は、親知らずを抜歯せずに、残したまま治療することをおすすめします。では、逆に、親知らずを抜歯して虫歯治療をしたほうがいい場合をご紹介します。

■親知らずを抜歯して治療をしたほうがいい場合
・親知らずが横や斜めに生えている場合
横や斜めに生えている親知らずが、今後まっすぐに生えてくるということはありません。また、このような親知らずの手前にある歯は虫歯になりやすいのです。口内環境を整えるためにも、親知らずを抜歯して虫歯治療を行うことをおすすめします。

・親知らずの虫歯が隣の歯に移ってしまっている場合
親知らずとその手前にある歯が虫歯になった場合、治療をしても再発する可能性が高くなります。このような場合は親知らずを抜歯して、手前の歯の虫歯の治療に専念することをおすすめします。

・親知らずの虫歯が神経まで到達している場合
親知らずの根っこは曲がっていることが多いため、根っこの治療はしにくいのです。長い年月をかけて治療をしても、数年後にまた再発してしまう可能性があります。

以上に当てはまる人は、親知らずを抜歯して治療をすることをおすすめします。親知らずの虫歯は気付きにくいので、進行してから発見することが多くあります。早めに発見をすれば、適切な治療が受けられるので、定期的に歯医者に行き検診を受けましょう。

一覧へもどる