お役立ちコラム

あなたの親知らずはどのタイプ?生え方による治療の難易度

親知らず

20歳前後から生えてくることの多い親知らず。親知らずは、必ず生えるというわけではなく、人によっては生えないこともありますし、生えたとしてもまっすぐに生えていて痛みを感じないこともあります。
しかし、親知らずが斜めに生えていると、歯並びが悪くなったり虫歯になりやすくなったりするため、抜歯治療を行わなければなりません。
抜歯治療は、親知らずの生え方によって難易度が異なります。ここでは、親知らずの生え方別の難易度についてご紹介します。

■親知らずの生え方による難易度
・難易度1 まっすぐに生えている
その他の歯と同じようにまっすぐ生えきっていて、痛みなどを全く感じないのであれば、抜歯治療を行う必要はありません。しかし、まっすぐに生えようとしていても顎の奥にそのスペースがなく、最後まで生えてこない場合には、抜歯しなければならないこともあります。
この際の難易度は、通常の奥歯の抜歯と同じくらいです。

・難易度2 斜め(半埋伏)に生えている
歯茎の表面に対して、親知らずが斜めに生えていて手前の奥歯に当たっている場合は、歯の一部を削り割って分割する治療が行われることが多くあります。この場合は、通常の抜歯治療より難易度が少し高くなります。

・難易度3 水平(埋伏)に生えている
親知らずが完全に倒れ、歯茎と水平に生えていて、前の歯の根っこを横から押している場合には、抜歯の難易度が高くなります。抜歯をするために顎の骨を削らなければならなかったり、親知らずを割ってから抜歯をしたりしなければならないためです。

自分の親知らずがどういった状態であるかは、レントゲンを撮影すればすぐに分かります。複雑に生えていればそれだけ難易度は高くなりますが、抜歯治療が怖いからといってそのままの状態で放置していると、その他の歯や歯を支えている骨、顎などにも大きな影響を与えてしまうことがあります。痛みを感じたらなるべく早く治療を受けるようにしましょう。

■その他の難易度を上げる要素
また、抜歯治療の難易度は親知らずの生え方だけではなく、歯の形や炎症の有無によっても変わります。

・歯の形
親知らずの形が原因で抜歯治療が難しくなることもあります。しかし、歯の形は事前のレントゲン撮影では確認できない場合も多く、抜歯して初めて確認される場合もあります。

・炎症
親知らずの周辺で炎症が起きていると、治療の際に行う麻酔が効きにくかったり、出血が起こりやすくなったりしてしまうことがあります。

・顎の状態
顎が大きく開けられない人であれば、抜歯の器具が奥まで届きにくく治療がスムーズにいかないこともあります。治療に時間がかかってしまうと、その分難易度も高くなります。

複雑な抜歯治療が行われる場合は、入院が必要になることもあります。
年をとってから親知らずの抜歯治療を行うのは難しいと思っている方が多くいますが、年齢は治療の難しさにはあまり影響しません。
しかし、治療によっては体力が必要になりますし、術後の薬剤の服用状況に影響を与えることもあるため、抜歯治療はなるべく早く(若いころに)行うことがすすめられています。
抜歯治療に恐怖や不安を感じてしまい、どうしても抜歯をしたくないと思っている人も多くいますが、抜歯後は安静にして医師の注意を守れば傷口も早く治りますし、痛みや腫れも抑えることができます。親知らずが生えていることによって痛みや腫れが起きている場合、抜歯をしなければ完全に治ることはありません。痛みや炎症がひどくなる前に治療を行いましょう。
また、複雑な治療を行う場合には、安心できるように頼れる医師を探すということも大切です。インターネットを利用すれば、歯医者の口コミなどを確認することができます。

一覧へもどる