お役立ちコラム

症状が悪化するに連れて痛みや腫れが!親知らずの一般的症状

親知らず

■遅れて生えてくるからこその、親知らずの影響
奥歯である第二大臼歯、そのさらに奥から生えてくる第三大臼歯は、親の手を離れた10代後半から20代前半にかけて生え始めることから、一般的に「親知らず」と呼ばれています。
全ての歯が生えそろった後に生えてくるため、親知らずの生えるスペースが小さく、まっすぐに生えてこないケースも数多くあります。そのため、親知らずが生えてくるにつれて、噛み合わせが悪くなったり、歯茎が腫れてしまったりといった症状がみられることも多く、それらの影響が大きい場合は親知らずを抜歯することもあります。

■親知らずが原因で起きる一般的な症状
親知らずが正しい生え方で生えてこなかったり、歯みがきなどのケアがきちんとできていない場合、歯茎の腫れや痛みなどのさまざまな症状が発生します。ここでは、親知らずによって起きる一般的な症状をご紹介します。

・親知らずの周りの歯茎がうずく
親知らずが生えかけている場合、親知らずと歯茎の隙間の洗浄が行き届かず、食べかすや細菌などが入り込んで炎症が起きます。歯と歯茎の隙間に入り込んだ食べかすや細菌は、口臭の原因になることもあります。
うがいや歯みがきといったケアできちんと洗浄ができるのであれば、炎症も自然と治まることが多いのですが、そうでないケースも多数あります。親知らずの生え方によっては歯ブラシが届きにくく、洗浄がうまくできない場合は隙間に入り込んだ汚れが歯石となり、虫歯のもととなります。さらに、疲れやストレスで抵抗力が弱まっている場合は炎症がなかなか収まらず、どんどんと腫れや痛みがひどくなってしまうこともあります。

・歯茎が腫れて痛む
炎症の症状が進むと、歯茎が腫れ、ズキズキと痛みます。ひどくなると歯茎から膿が出たり、親知らずが虫歯になってしまいます。歯医者で汚れを洗浄し、抗生物質などで化膿を治めることが大切です。
また、伸びた親知らずが反対側の歯茎や頬に当たって傷つけ、口内炎をつくることもあります。反対側に噛み合う歯がない、親知らずの生える方向が正しくないといった理由で噛み合わせに異常が出る場合は、親知らずを抜歯する処置がとられます。

・口が開きにくい
歯茎に炎症が起きていると、状態によっては腫れや痛みによって口が開きにくくなります。そこまで炎症がひどくなった場合、治療を行ったとしても腫れが引くまで最大3週間ほど時間がかかってしまうこともあります。
さらに、親知らずが正しい生え方をしていない場合、噛み合わせがうまくいかずに下顎の動きが不自然になってしまい、口を開いたときに音がしたり痛みを覚えたりといった顎関節症を発症することがあります。顎関節症は不自然な筋肉の動きにより、顎だけでなく頭や肩、腰などほかの部位の痛みを引き起こします。更に自律神経系に影響を及ぼし、めまいなどの症状を起こす場合もあるので、噛み合わせを正すために親知らずを抜歯したり、歯並びの矯正をするといった処置が必要となります。

・肩こり、頭痛がする
歯茎が腫れていると、そちら側でものを噛むのを避けて反対側ばかりでものを噛んだり、痛みをこらえるために体に変な力が入ったりと、体のバランスが崩れるケースが多くあります。筋肉に偏った負荷がかかり、顎だけでなく、頭や肩、腰といった全身に痛みが広がってしまいます。

■抜く? 抜かない? 慎重な検討を
親知らずが原因で引き起こされるトラブルは、親知らずがきちんと生えきった後は解消されることもあります。その後も周りの歯や噛み合わせに悪影響がないのであれば、そのまま親知らずを残しておくという選択肢もあります。
しかし、親知らずが歯周病や虫歯にかかった場合、周りの歯にも歯周病や虫歯が広がることもあります。さらに、生える方向が正しくなかったり、噛み合う歯がなかったりする場合、さまざまな悪影響を及ぼすことがあり、その場合には抜歯することをおすすめします。親知らずをどうするかはかかりつけの歯医者とよく相談し、慎重に検討して決めましょう。

一覧へもどる