お役立ちコラム

病院で口臭を治したい!でも口臭の治療って何科でできるの?

口臭

近年では、口臭を抑えるためのガムが販売されていたりと、口臭のケアに関して従来よりも敏感な風潮になっているといえます。
こういったガムは、食後などの一時的なケアには効果的ですが、恒久的な効果を求めるのであれば根本的な治療が必要になります。
口臭を治療する場合、当然ながら病院を受診する必要があるのですが、ここで気になるのは何科を受診するべきかということです。
診療科にはさまざまなものがあるため、どこを受診するのか悩んでしまうこともあるでしょう。
もしものときに慌てないためにも、今回は口臭の治療で訪れるべき診療科についてご紹介します。

■最初は歯科を受診しよう
口臭について悩んだ時、まず受診するべきは歯科です。
口臭が発生する原因の多くは歯に関するトラブルとされています。その割合は非常に多く、日本臨床歯周病学会や日本口臭学会のデータではおよそ90%が虫歯や歯周病といったものが原因となっています。虫歯や歯周病は歯の間に残った細菌が原因で引き起こされるもので、この細菌が口臭も引き起こします。
虫歯や歯周病といったものが口臭の原因であった場合、これらを治療すれば口臭はおのずと治まります。それでも口臭が治まらなかった場合には、別の診療科を受診してみましょう。

■口臭の専門診療科
虫歯や歯周病が原因ではなかった場合、次は口臭外来という口臭の専門診療科を受診するのがいいでしょう。
口臭外来はその名のとおり、口臭の治療を専門としている診療科です。ここではさまざまな検査を受けることができるため、口臭の原因をあらゆる観点から探ることができます。口臭治療はもちろんのこと、口臭のケアなどについて医師からアドバイスを受けることもできるので、口臭についての疑問全般を解決することができます。
ただし、口臭外来を利用する際には自費診療となることを覚えておかなければいけません。口臭診療は歯科での治療とは異なり、保険が適用されないのです。これは、口臭治療が生活に関係するような必要不可欠な治療ではないことが原因となっています。
なお、口臭外来ではほとんどの口臭の原因を取り除くことができますが、その中には口臭外来では対応できない病的な原因が見つかることがあります。そういった場合には、それぞれの専門診療科で治療を受けることになります。

■それぞれに合わせた診療科を受診
口臭の原因は口の中の問題だけで解決することもありますが、前述のようにほかの要因が見つかった場合にはそれぞれの診療科を受診します。
たとえば蓄膿症や扁桃炎などが原因で口臭が発生している場合、受診するのは耳鼻咽喉科です。この場合の口臭は、肉の腐った臭いや膿の臭いがします。
肝臓や腎臓の機能が低下している場合にも、口臭は発生します。この場合は、内科を受診することになります。この場合の口臭は、アンモニアのような臭いになります。
糖尿病の場合も、甘酸っぱいような口臭がします。この場合は、内分泌科を受診しましょう。

■治療の方法や原因は人それぞれ
今回ご紹介したように、口臭の原因は多岐にわたっているため、歯科や口臭外来といった口の中の病気の治療を行う診療科だけでは解決できないこともあります。もしそういった口の中の病気以外が口臭の原因であった場合には、治療が完了するまで長い期間がかかることもあるでしょう。そういった場合でも、諦めずに根気よく治療していくことが大切です。
また、中にはどの検査でも異常がでず、それでいて口臭が気になるという場合があります。その場合、単に自分が気にし過ぎなこともあれば、自臭症という精神的な要因によって口臭が気になっていることもあります。もし自臭症の疑いがある場合には、心療内科などに相談するのもひとつの方法です。

一覧へもどる