お役立ちコラム

遺伝が原因? 口臭と遺伝の関係に迫る

口臭

■口臭も遺伝するって本当?
血の繋がった者同士、顔や体質が遺伝するように、口臭も遺伝するのをご存じですか?とはいえ、ほとんどの口臭は遺伝と関係なく、生理的な原因や病気が原因で起こります。遺伝で起こる口臭はごく稀なものなのです。では、そんな稀に見る遺伝性の口臭とは、どんなものなのでしょうか?今回は、遺伝で起こる口臭とその特徴、改善策についてご紹介します。家族みんな同じ口臭がするという方は、是非とも参考にしてみてください。

■家族みんなが同じ口臭なのには、食べ物と生活習慣が関係していた
家族みんなが同じ口臭の家は、実は多いようです。遺伝性の口臭という場合もあるようですが、大半は家族の食生活・生活習慣が関与して、同じ口臭になっているようです。というのも、一般的な家族は、同じようなものを食べ、同じような生活習慣をします。そうなると、必然的に体内の状態が似たもの同士になります。その結果、それが口臭にも関係してくるというわけです。食生活と生活習慣は、口臭の発生に大きく関与するものです。似た食生活・生活習慣をしている家族同士が同じ口臭になるのは、必然的というわけです。

■遺伝性の口臭って?
今回の本題である、遺伝する口臭。それには「魚臭症」という病気が関係しています。魚臭症という病気をご存じない方も多いでしょう。それもそのはず、魚臭症はそこまで患っている方の多い病気ではありません。患者数は全世界で700人に満たないといわれている、きわめて珍しい病気といえます。
魚臭症とは名前の通り、魚のような臭いがする病気です。体臭はもちろん、口臭にまで及び、病名通りの魚のような臭いがします。このときの口臭こそ、遺伝する口臭というわけです。

■魚臭症の原因って?
魚臭症の正式病名は、トリメチルアミン尿症。食べたものを消化する際に通常分解されるはずのトリメチルアミンが分解されず、汗や呼気として体内から排出されてしまうため、体臭・口臭がきつくなる病気です。なぜ魚臭症になってしまうかには、大きく2つの原因があります。ひとつは、本来多くの人が持つトリメチルアミンを無臭化する酵素が遺伝子的な問題で働かない場合。もうひとつが、肝機能の低下やホルモンバランスの乱れなどによって一時的に働かなくなってしまう場合です。

■魚臭症の口臭を改善するにはどうしたらいいの?
残念ながら、魚臭症の具体的な治療法は、まだ見つかっていないとのこと。とはいえ、魚臭症による嫌な体臭・口臭は、何としても防ぎたいですよね。そこで、改善に効果的な食べ物をいくつかご紹介しましょう。以下の食べ物を効果的に摂取することで、魚臭症の原因であるトリメチルアミンの発生を防ぐことが可能とされています。

・卵黄、豆腐、ナッツ、ブロッコリー、カリフラワー
これらの食品にはコリンという物質が多く含まれており、トリメチルアミンの発生を抑制してくれます。

・ごま油、小魚、ウナギ
これらの食品には、レシチンという物質が豊富に含まれています。コリンと同様、トリメチルアミンの抑制に効果的です。

・サメ、エイ、タコ、イカ、エビ
これらの海水魚や軟体動物には、トリメチルアミンオキシドという物質が豊富に含まれており、トリメチルアミンの発生を抑えてくれます。

具体的な治療法が未だ見つかっていない魚臭症。でも、食品に気を遣えば、症状を緩くさせることは可能であるようです。美味しいバランスのとれた食事で、遺伝性の口臭・体臭を抑えることができれば、一番ですね。もしあなたが魚臭症に悩まされているのであれば、是非とも試してみてください。
また、家族の口臭が気になるというあなた。もしかすると、同じ生活をしているあなたの口からも同じ口臭が発生しているかもしれません。家族全員で生活習慣の見直しを図ってみるのが良いかと思われます。

一覧へもどる