お役立ちコラム

胃炎や胃潰瘍などの胃の病気が原因で口臭が発生

口臭

■胃の異常で引き起こされる口臭とは?
口臭は、いろいろな原因によって生じてしまうものです。たとえば、緊張や不安、ストレスや疲れ、起床時の口乾などによる生理的口臭。そして、虫歯や歯周病、歯槽膿漏といった口の中の病気による口臭。このほか、魚臭症による遺伝性の口臭などもあります。また、口臭は、体のある器官で生じた疾患が原因で起こることもあります。その器官は、胃。胃の疾患を患うと、口臭が発生することがあるのです。今回は、口臭の原因となる胃の疾患についてご紹介します。

■胃と口臭の関係って?
口臭といえば、多くの方は口内が不衛生であることや、口内の疾患が影響して生じるものと思われるかもしれません。しかし、口臭の発生源は、口腔内だけにとどまりません。胃が原因の口臭もあります。
なぜ胃が原因で口臭が発生するのでしょうか。それには、2種類の理由があります。
まずひとつめは、胃の消化能力が弱まっている場合。胃の調子が悪くなると、食べ物の消化率が悪くなり、胃の中で食べ物の異常発酵が起こります。その際、アンモニアといった悪臭ガスが発生。嫌な臭いのするガスは血液を通って肺へと運ばれていき、結果、口から吐き出され口臭となります。
次にふたつめの理由ですが、これには胃と口を塞いでいる弁が関係します。通常、胃と口は胃液や食べ物の逆流を防ぐための弁で仕切られています。そのため、胃で食べ物が消化されているときも、嫌な臭いが上がってくることはありません。しかし、疾患などによって弁の力が弱まってしまうと、胃液や胃酸、食べ物の臭いなどが口のほうまで上がってきてしまい、口臭となります。

■口臭を引き起こす胃の病気
胃と口臭の関係について、ご理解いただけましたでしょうか?胃が原因で口臭が発生する場合、胃に何らかの異変が生じていると考えられます。胃の疾患にかかったときも、口臭が発生しやすくなります。ここでは、口臭を発生させる胃の疾患についてご紹介します。

・胃炎、胃潰瘍
多くの人に起こりがちな胃炎や胃潰瘍。これらは、食べ物の消化不良によって起こります。胃の中でキレイに消化されず残ってしまった食べ物が嫌な臭いになり、血液によって全身に運ばれてしまいます。そのとき、口臭としても体外へ漏れてしまうようです。

・十二指腸潰瘍
胃炎や胃潰瘍と同様に、十二指腸潰瘍も胃の働きを悪くし、消化不良を招きます。胃の中で腐った食べ物は腐敗臭を作り出し、その臭いが血流に乗って全身をめぐり、口臭として発生してしまいます。

・逆流性食道炎
逆流性食道炎になると、口と胃を分け隔てている弁が開いてしまい、消化液や胃液、胃酸が逆流してしまいます。その臭いが口を通して外部に漏れ、口臭となります。

・胃がん
胃がんを患うと、アンモニアのような嫌な臭いの成分が肺に取り込まれてしまいます。その結果、肺の空気交換の際、肺の臭いが口臭として外部に漏れてしまい、対人関係などにおいて相手を不快にさせてしまいます。人によって臭いに差が出るのが特徴で、アンモニアのようなツンとした臭いがする方もいれば、甘酸っぱい花のような臭いを発生させる人もいます。

■胃の健康から口臭予防
口臭の原因は、何も口内の病気だけに限りません。口と繋がる胃の疾患でも生じてしまうものなのです。いくら口臭ケアに励んでも、口内を清潔に保っても、口臭が消えないというあなた。そんなあなたはまず、自分の胃の状態をチェックしてみてはいかがでしょうか?もしかすると、胃で消化不良が起こっていたり、胃が何らかの病気にかかっているかもしれません。是非、かかりつけ医や近くにある病院などで、胃の健康状態をチェックしてみてくださいね。

一覧へもどる