お役立ちコラム

銀歯が原因で口臭が……もしかしたら虫歯になっている可能性も

口臭

■銀歯からの口臭!?
この文章を読んでいる方の中にも、銀歯をつけている方は多いでしょう。そんなあなたは要注意です。意外や意外、銀歯から口臭が発生してしまうことをご存知でしょうか?銀歯といえば、虫歯の炎症や菌の繁殖を抑えるための差し歯・被せ物のことです。近年では、見た目の観点から銀歯を使った治療をする人は従来よりも減少傾向にあるようですが、銀歯を使った治療は保険適用となることがほとんどであるため、セラミックなどで治療をするよりも比較的安価に治療をすることができ、そういう面ではまだまだ支持されている治療のひとつです。そんな銀歯が、実は口臭を発生させる原因のひとつなのです。今回は、口臭と銀歯の関係性についてご紹介します。いくらケアしても改善されない口臭の悩み……もしかすると、銀歯が原因かもしれません。

■銀歯から発生する口臭とは?
ここでは、銀歯から発生する口臭についてご紹介します。
銀歯から口臭が発生する場合、その理由はひとつだけではありません。銀歯の状態によって、口臭がでてしまうのです。

・銀歯の中が虫歯になっている場合
通常、銀歯を被せるときは、歯の虫歯部分が取り除かれています。しかし、稀に、虫歯部分が残った状態で銀歯が被されてしまうことがあります。このとき、銀歯の中では虫歯菌が密かに繁殖を起こし、中の歯の虫歯を悪化させます。歯の中が虫歯菌によって蝕まれていくと、次第に歯は腐っていきます。その結果、歯の中で炎症が起こり、膿が出てきます。この時、嫌な臭いが発生し、それが口臭となってしまうようです。
改善策としては、歯医者でレントゲンを撮ってもらい、銀歯の中の虫歯を見つけてもらうことが一番。銀歯を取って歯の治療を行い、新しい銀歯に変えてもらうと良いでしょう。

・銀歯と歯の境目が虫歯になっている場合
前項のパターンと似ていますが、稀に銀歯と歯の境目に虫歯が生じてしまうことがあります。このとき、銀歯と歯の境目部分で虫歯菌が繁殖し、炎症を引き起こします。結果、膿がでて、口臭を発生させてしまいます。

・銀歯周辺の歯が虫歯になった場合
銀歯は他の歯に比べて弱く、虫歯を患いやすい傾向にあります。しかし、多くの方は歯を銀歯にしたことで虫歯が治ったと油断してしまい、以前よりもブラッシングやケアを怠りがちに……。その結果、銀歯の隣の歯などに歯垢や歯石が溜まりがちとなり、虫歯を引き起こします。炎症が起こり、膿がでて、口臭の原因となってしまいます。

・銀歯の大きさや高さが合わなかった場合
銀歯は被せ物です。そのため、高さがあります。銀歯治療をしてもらうと、ほかの歯と高さの差がでてしまうくらい高く銀歯を被せられてしまい、大きな咬合負担が生じてしまうことがあります。人が噛む力は、想像以上に強いものです。そのため、咬合負担が継続すると、歯茎などに悪影響が生じ、炎症が起こります。その結果、膿がでて、それが口臭の原因となってしまうようです。一概に銀歯といっても、被せれば良いというものではありません。自分の歯の大きさや高さにあったものを被せてもらうことが重要です。

■銀歯による口臭、油断しないで
お気付きの方もいると思いますが、銀歯による口臭は、ほとんどが虫歯の炎症で生じた膿によるもの……。つまり、銀歯の口臭は、歯が危険な状態にさらされているというサインでもあるのです。改善するには、何よりも歯科へ行くのがベストです。歯科へ行き、銀歯のレントゲンを撮ってもらったり、銀歯周辺の歯に異常がないかを診てもらいましょう。放っておくと重度の虫歯になったり、歯周病を患ったりする危険性が有ります。銀歯の口臭に悩んでいる方は、とにかく早く歯科へ行きましょう。

一覧へもどる