よくあるご質問

サイトに関するよくあるご質問のページです。
お問い合わせの多いご質問に関するよくあるご質問を掲載しています。

虫歯

痛みの少ない虫歯治療はありますか?

これまでの虫歯治療では歯を削るドリルが使われており、麻酔を行わなければ治療の際には痛みが伴うものでした。しかし、近年では歯科治療技術の進化によって、痛みの少ない虫歯治療が可能となりました。レーザーを使った歯科治療なら、痛みを最小限に抑えながら虫歯を治すことができます。

■レーザー治療とは
レーザー治療とは、レーザー光線を患部に照射することで治療効果を出す方法です。痛みが少なく、歯を削るときの不快な振動や音からも開放されます。また、ピンポイントで虫歯になっている部分だけを治療することができるため、ほかの健康な歯を傷つけることもなく、出血も最小限に抑えることが可能です。

・虫歯治療の痛みや不快感から解放される
レーザー治療の最大の特徴は、歯を削るドリルに比べて痛みが少なく、不快な音や振動からも解放されるという点です。歯を削るドリルは高速回転しているため、歯に触れることでその振動と衝撃が体中に伝わります。患部を削る際にはドリルが歯の神経を刺激するため、強い痛みとなります。しかし、レーザー治療の場合は、患部にレーザーを照射するだけなので振動は一切なく、痛みもドリルに比べると随分穏やかになります。歯を削るドリル治療は痛みが強いために麻酔が必要な場合が多かったのですが、レーザーの虫歯治療であれば麻酔なしでも治療を受けることができます。

・治療の際の出血を抑えることができる
腔内の粘膜は非常に弱く、ちょっとした処置でもすぐに出血してしまいます。虫歯や歯茎の治療ではレーザー治療によって出血を最小限に抑えることができるため、患部をしっかりと確認しながら治療を進めることができます。また、歯茎に炎症や腫瘍ができた場合でも、レーザーを照射することで患部だけを熱で取り除くことができるので、他の健康な歯を傷つけることなく治療を進めることができます。

■レーザー治療の種類
現在、歯科で行われているレーザー治療にはいくつかの種類があります。それぞれの症状や患部によってレーザーを使い分けることで、より効果的な治療が可能です。

・エルビウム・クロミウム・ワイエスジージーレーザー
このレーザーは、主に虫歯治療の際に使われているものです。水を使ってレーザーを照射し、虫歯の蒸散と除去、歯石の除去、メラニン色素の除去といった削る治療を行います。痛みや振動を与えることなく静かに歯を削ることができるため、多くの虫歯治療で利用されています。
虫歯治療の痛みが怖いという方は、このエルビウム・クロミウム;ワイエスジージーレーザーを試してみてはいかがでしょうか。

・ネオジムヤグレーザー
止血作用に優れたネオジムヤグレーザーは、虫歯の治療や予防にも効果的です。レーザーの光をピンポイントに患部に照射することで、虫歯の蒸散や歯質の強化などの効果が現れます。止血効果も高いため、虫歯治療や腔内の治療だけでなく、医療全般で利用されています。

・半導体レーザー
レーザー治療で最も使われているのが、半導体レーザーです。低出力タイプと高出力タイプの2つの種類があり、歯茎の外科手術、歯周病や口内炎の治療、歯の根の治療などで使われています。痛みと出血を抑えて、組織の活性化や回復を促す効果もあります。

レーザー治療は、痛みや振動、出血を抑えることが可能な画期的な方法ですが、ドリルを使った従来の治療方法に比べると「治療時間が少し長くなる」「保険が効かない場合がある」というようなデメリットもあります。痛みの少ないレーザー治療を検討中の方は、予め医師に治療期間がどの程度になるか、保険が適用されるかなどを相談しておきましょう。

一覧へもどる