よくあるご質問

サイトに関するよくあるご質問のページです。
お問い合わせの多いご質問に関するよくあるご質問を掲載しています。

虫歯

虫歯の症状として痛みが現れるのはどうしてですか?

■常に痛みを感じるのならば今すぐ治療へ!
虫歯による痛みの症状は、口内トラブルによる歯の痛みの代表格とも言われます。虫歯を放置しておいたせいで、あまりの痛さから眠れぬ夜を過ごした経験をしたことがあるという人も少なくありません。虫歯の痛みは、虫歯の素であるミュータンス菌が酸を発生させ、歯のエナメル質を溶かし、穴をあけることにより引き起こされます。とはいえ、虫歯の初期段階では痛みを感じることはほぼありません。常に痛みを感じる、という人の場合は虫歯進行の5段階のうち、4段階目にあたる「C3」以上になっている可能性が高いです。C3以上の段階は、神経や歯根にまで虫歯が進行してしまっている状態です。ズキズキとした痛みが日常的にあるという人は、今すぐ歯医者に行って治療をする必要があります。

■象牙質に進行することで起こる虫歯の痛み
歯の表面を覆っているエナメル質には、神経がありません。そのため、虫歯の初期段階では歯の痛み症状を感じることがないのです。虫歯の痛み症状が現れるのは、エナメル質を支えていた象牙質にまで虫歯が進行したときです。象牙質とは、歯の主となる組織で、歯を覆っているエナメル質よりも柔らかくできています。そのため、象牙質にまで虫歯が達してしまうと、進行が一気に早くなるのです。象牙質に虫歯が到達したサインとして、冷たい水や甘いものが「キーン」としみるようになります。そこからさらに虫歯が進んでいくと、温かい物もしみるようになり、常にズキズキとした痛みを感じるようになります。この状態が「C3」です。C3の状態は、歯の神経にまで虫歯が進行していることになります。こうなった場合の治療は、神経を取り除き神経があった管の中を綺麗にして、薬剤を詰める「根管治療」を行い、被せものをしなければいけません。

■耐え難い痛みを引き起こす歯髄の虫歯
耐えられないほどの虫歯の痛み症状が出てくるのは、象牙質のさらに奥にある歯髄にまで虫歯が進んだときです。この段階は、C3のさらに進行した段階となります。歯の奥の奥で炎症を起こしている状態となりますので、耐え難い痛みに襲われます。歯髄にまで虫歯が到達している状態だと、真髄を取り除く以外に治療をする方法がありません。この治療をする際には、麻酔をかけるので痛みを感じることはあまりありませんが、歯髄に虫歯が到達したことにより歯髄に炎症を起こす「歯髄炎」になってしまっている場合は、麻酔が効きにくい恐れがあります。治療でつらい思いをしたくないのであれば、歯髄にまで虫歯が達してしまう前に治療をするようにしてください。

■痛みがなくなるのは危険信号!
つい最近まで耐え難い痛みを感じていたのに、いつの間にか痛みを全く感じなくなったという段階は、歯の根っこである「歯根」にまで虫歯が到達した段階です。ここまで来てしまうと、虫歯菌により歯の大部分が溶かされている状態になります。痛みがなくなったことにより、もう虫歯が進行することはないだろうと治療に行かない人が多いようですが、この状態で放置をし続けると歯根部分に膿が溜まり、再び激痛に襲われます。歯根にまで虫歯が到達し歯が溶けてしまったのなら、治療をすることができないのではないかと思われがちですが、他の健康な歯に悪影響を及ぼさないためにも一刻も早く治療をしなければいけません。抜歯をして、消毒をした後、入歯やインプラントをはめて、歯の機能が回復するように促します。

■虫歯の痛みは異常を知らせるSOSサイン
虫歯による痛みの症状は、歯が体に異常を知らせるSOSサインです。虫歯は大変恐ろしい病気です。放置をしておくことによって、歯だけではなく顎の骨までを溶かしてしまう恐れもあります。「ちょっと痛むけど大丈夫」と何もせずにおいておくのは非常に危険です。少しでも痛みを感じることがあれば、すぐに治療へ行くようにしましょう。早期に治療を行うことにより、歯の機能を失わずに回復をさせることができます。また、常日頃から正しい口内ケアをしておくことによって、虫歯の進行を止める以前に虫歯を作ることを防ぐことができます。正しい歯磨きの仕方を学び、虫歯予防を行っていくようにしましょう。そうすることで、虫歯だけでなく歯周病や歯肉炎なども防ぐことができるはずです。

一覧へもどる