よくあるご質問

サイトに関するよくあるご質問のページです。
お問い合わせの多いご質問に関するよくあるご質問を掲載しています。

虫歯

虫歯の症状か知覚過敏の症状か分かりません。

冷たいものや甘いものを食べた時に感じるキーンとした痛み。誰でも一度は感じたことがあるのではないでしょうか。この歯の痛みの元となるのは、知覚過敏、もしくは虫歯のどちらかです。
しかし、どちらの症状によって痛みが発生しているのか、自分ではなかなか判断できない人もいるのではないでしょうか。今回は、そんな人に向けて虫歯と知覚過敏の痛みや症状の違いについご紹介します。

■虫歯とは
虫歯とは、口内の虫歯菌が歯に付着して歯質をどんどんと溶かしていく病気です。表面のエナメル質、象牙質、歯の神経、歯の根と進んでいき、虫歯が神経にまで到達すると強い痛みを感じます。エナメル質や象牙質まで虫歯が進行していない場合は、虫歯菌が付着した部分を機械で削って詰め物をすれば完治しますが、神経、歯の根まで進行した場合は神経を抜き取る治療や、抜歯が必要になります。歯の根まで虫歯が進行すると、顎の骨まで感染する恐れがあり、骨膜炎を引き起こして顔全体が大きく腫れるような症状がでます。

■知覚過敏とは
知覚過敏は、歯の中にある象牙質が露出することによって発生する症状です。歯は、表面のエナメル質、中の象牙質、そして神経という3層によって構成されています。表面のエナメル質には神経が通っていないため、外からの刺激を受けても痛みを感じることはありませんが、中の象牙質は象牙細管という管が通っており、直接神経に繋がっています。そのため、外からの刺激を受けるとキーンという痛みが走るのです。これが知覚過敏の症状で、そこからどんどんと歯の神経に向かって症状が悪化していくということはありません。

■虫歯と知覚過敏の症状の違い
虫歯と知覚過敏は似た症状を持っていますが、異なる点も多々あります。ここでは虫歯と知覚過敏の症状の違いについてご紹介します。

・痛みが持続するか、一時的か
虫歯の場合、虫歯菌は歯の内部で炎症を引き起こしているため、慢性的にズキズキとした痛みを感じます。また、神経が露出するまで症状が進行していると、外からの刺激を受けるとキーンとした痛みを感じることになります。知覚過敏は炎症ではなく象牙質の露出によって一時的に外からの刺激に反応するだけなので、慢性的に痛みが持続するということはありません。

・叩くと痛みが響くかどうか
知覚過敏と虫歯の違いは、患部を外側から叩いたときに痛みを感じるかどうかで判断できます。虫歯の症状が進行していると、患部全体が炎症を起こしているため、外側から軽く叩くだけでも痛みが響きます。知覚過敏の場合は炎症ではないため、外側から叩いても痛みを感じることはありません。

・痛みを感じる部分が違う
どの歯に痛みが生じているかによっても、虫歯か知覚過敏かどうかを判断することができます。虫歯ができる歯には個人差があり、どの箇所に症状が発生するかはわかりません。それに対して知覚過敏は、左右の3、4、5番目に発生しやすいという特徴があります。

■歯科で相談
「痛みが持続するか、一時的か」「叩くと痛むか」「痛みを感じる歯はどの箇所か」
この3点を確認することで、虫歯か知覚過敏かを判断することができるでしょう。虫歯であると判断した場合は、すぐに歯科で治療を受けることをおすすめします。なお、知覚過敏であったとしても、そのままにしておくと痛みが続きますし、エナメル質が剥がれ、象牙質が露出した部分に歯垢がたまってそこから虫歯や歯周病を発症させてしまうこともあります。慢性的ではなかったとしても、歯に痛みを感じる時は早めに歯科に相談して、知覚過敏の治療を受けるようにしましょう。

一覧へもどる