よくあるご質問

サイトに関するよくあるご質問のページです。
お問い合わせの多いご質問に関するよくあるご質問を掲載しています。

虫歯

虫歯予防に効果的な歯の磨き方を教えてほしいです。

■歯磨きをする上で大事な歯ブラシ選び

「虫歯予防のために歯磨きをしなさい」と口うるさく言われた経験がある人も多いでしょう。しかし、ただ言われるだけではどのように歯を磨いて良いのかわからないものです。間違った歯の磨き方をしていると、虫歯や歯周病などの口内トラブルを引き起こしてしまう原因になります。虫歯予防のために歯磨きをするならば、正しいブラッシング方法を覚えることが大切です。正しいブラッシングをするには、歯磨きに適した歯ブラシを選ばなければなりません。多くの歯医者では、ヘッドがコンパクトな3列タイプの歯ブラシが推奨されています。ヘッドの硬さはやわらかめ〜普通くらいが理想的で、柄が曲がっていないシンプルなものが一番だと言われています。また、歯磨きが苦手な人には、ヘッドが柔らかい幅広タイプの歯ブラシがおすすめです。力を強く入れずとも歯垢を落とすことができるので、効率良く汚れを落としていくことができます。

■力の入れすぎと歯磨き粉のつけすぎはNG

「虫歯予防をするために」とガシガシと力強く歯を磨いて、汚れを落としているつもりになっている人がたくさんいます。このような磨き方は、歯垢を取るばかりか歯の表面や歯茎を傷つけてしまう原因となってしまうので、絶対にしてはいけません。虫歯予防で歯を磨く際にはペンを持つような感覚で力を入れずに歯ブラシを握り、適度な調節と小回りが利くようにすることが大切です。また、歯磨き粉をつけすぎることも虫歯予防をする上ではよくありません。歯磨き粉をつけすぎると、歯磨き粉の爽やかな香りで歯が清潔になったと勘違いしてしまい、磨き残しを作る原因となります。その上、歯磨き粉に含まれる研磨剤が歯のエナメル質を傷つけてしまう可能性もあるのです。歯磨き粉に含まれるフッ素が虫歯予防に効果があることは広く知られていることではありますが、だからと言ってつけすぎは良くありません。歯磨き粉を使用する際は適量を守り、フッ素の薬用成分を歯に満遍なく塗りこむようなイメージで使用しましょう。

■順番と磨き方を意識して歯ブラシを動かす

歯を磨く際には、順番をしっかりと決めて磨いていくことが大切です。順番通りに磨くようにすれば磨き残しを防ぎ、虫歯予防へとつながります。歯を磨く順番として、1番に磨いてほしい部分は奥歯です。奥歯を磨く際は歯ブラシを斜め45度の角度であて、虫歯菌の溜まりやすい歯と歯肉の間に毛先が入るようにします。良い角度で毛先が入ったら、歯1本分くらいの小さな幅を行き来するイメージで細かく振動させ、磨いていきます。その状態のまま、徐々に前に進んでいくようにしてください。カーブがあったら、カーブに沿って、歯の丸みをイメージしながら歯ブラシを動かすと上手に汚れを落とすことができます。前歯の表側・裏側の上下を磨く際は、歯ブラシを縦にして汚れを掻き出すように磨きます。歯ブラシを縦にすることで、歯の根元に潜む虫歯菌を除去し、炎症を抑えることができるのです。磨きにくい奥歯の裏側を磨くときは、歯ブラシを真っ直ぐにしたり、横から入れたりして、ベストなポジションを探してください。柄を少し持ち上げ、ヘッドの上部2列を上手に使って磨くと綺麗に磨き上げることができます。

■落としきれなかった汚れを補助道具で除去

正しい歯磨きの仕方を意識しても、除去できる歯の汚れは60%程度だと言われています。この磨き残しが気になったら、歯磨きの補助としてデンタルフロスなどを使用してみるようにしてください。液状のデンタルフロスは虫歯菌が潜みやすい歯と歯の間に入り込み、汚れを掻き出してくれます。歯を磨いた後、デンタルフロスをすることを習慣づければさらに20%の汚れを除去することができるのです。また、糸ようじなどで歯と歯の間にある食べかすを取ることも虫歯予防には効果的です。虫歯菌は食べかすに含まれる糖分を栄養にして酸を発生させます。食べかすを残してしまわないよう、目に見えない歯と歯の間の汚れも意識して落とすことが大切なのです。正しい歯の磨き方を意識しながら歯磨きの補助道具を使用して、虫歯のない綺麗な歯を目指しましょう。

一覧へもどる