よくあるご質問

サイトに関するよくあるご質問のページです。
お問い合わせの多いご質問に関するよくあるご質問を掲載しています。

虫歯

キスをしたことが原因で虫歯になるのでしょうか。

■キスで虫歯の原因となる菌を交換?!

「キスをすることで赤ちゃんが虫歯になってしまう!」と神経質になるお母さんやお父さんはたくさんいます。また、それと同じように「恋人やパートナーが虫歯治療をしているときにキスをしたくない!」と拒否をしてしまう人もいるようです。キスをすることで虫歯をうつしてしまう、ということはありませんが、キスをすることで虫歯の原因のひとつであるミュータンス菌を口から口へ移動させてしまう可能性はあります。ミュータンス菌は、触れるだけの軽いキスをした場合でも、口内の唾液を交換するような熱いキスをした場合でも菌の数は違えど必ず移動してしまうのです。しかし、キスでミュータンス菌をもらったとしても、虫歯を防ぐ方法はあります。ここでは、キスによりもらってしまったミュータンス菌から歯を守る方法をご紹介します。

■菌の移動はキスだけが原因ではない!

人間は、ミュータンス菌という細菌に感染してしまうことが原因で虫歯になります。ミュータンス菌は、口内に残った食べカスなどに含まれる糖分を栄養源にし、歯のエナメル質を溶かしてしまう酸を作り出します。歯のエナメル質が溶けると、歯に穴があきます。この状態が「虫歯」です。ミュータンス菌は、インフルエンザウィルスなどと同じように、唾液を通して周囲の人に感染していきます。人の唾液が口の中に入ってしまうのは、キスだけではありません。飲み物の回し飲みや箸の使い回し、食べ物を咀嚼して与えることなどで口から口へと菌は移動します。赤ちゃんの虫歯の原因を少しでも減らしたいのであれば、キスだけではなくこのような行為もできるだけしないようにした方が良いでしょう。

■口内ケアでキスからの虫歯感染を防ぐ

ミュータンス菌は、触れるような軽いキスをした場合で約1000個、唾液を交換するような熱いキスをした場合で約8000個、口内を移動すると言われています。しかし、そうは言っても可愛い我が子や大好きなパートナーとキスを全くしないというのは辛いもの。キスは愛情を確かめ合う大事な行為とも言えます。「ミュータンス菌が移動してしまうとしても、なんとか虫歯を防ぐ方法はないのだろうか」と思う人も多いでしょう。虫歯ができるのは、ミュータンス菌だけが原因ではありません。ミュータンス菌が口内にある状態でミュータンス菌が好む食事をし、さらに口内ケアをしないままにしておくことで虫歯になってしまうのです。つまり、口内ケアを心がけていればキスをしても虫歯にならない、ということになります。

■ミュータンス菌を減らす口内ケア

ミュータンス菌を減らす口内ケアとしては、歯磨きをしっかりとすることが挙げられます。特に大切なのが眠る前の歯磨きです。ミュータンス菌は、唾液の分泌量が少なくなる睡眠中に活発に動き回ります。朝の歯磨きは口臭を予防するため、昼の歯磨きは身だしなみのため、そして夜の歯磨きは虫歯予防をするため、という風に考え、歯磨きを行うようにしてください。また、歯磨きの後にデンタルフロスをすることも虫歯を防ぐのに効果的です。歯磨きをした場合は、口内の60%の汚れが除去できますが、40%はどうしても残ってしまいます。そこで活躍するのがデンタルフロスです。液体状のデンタルフロスは、歯ブラシが行き届かなかった歯と歯の間にも侵入し、汚れをかき出します。デンタルフロスを使用することによって、さらに20%の汚れを除去することができるのです。また、どうしても歯磨きやデンタルフロスができない場合には、キシリトールガムを噛むことも効果的です。デート中にキスをして、歯磨きやデンタルフロスをするのはパートナーに失礼ですが、ガムならば違和感がありません。いつでも噛めるよう、持ち歩くようにしましょう。

■神経質にならずにケアを心がけることが大事

このような口内ケアをしても、虫歯菌を完全にシャットアウトすることはできません。しかし、完全にシャットアウトできないからと言って何もケアをしないままにしておくのは良くないことです。ミュータンス菌は虫歯の素となる菌ですが、その菌を放置しておくことで虫歯は作られます。つまり、虫歯の原因を作るのは虫歯菌を保有している本人ということになるのです。ちょっとしたことを心がけていれば、キスをしても虫歯になることはありません。常日頃からの口内ケアを意識して、キスをしても虫歯にならないようにしておくようにしましょう。わが子に虫歯菌をうつしたくない、パートナーから虫歯菌をもらいたくない、と神経質になるのであれば、親子で、そしてパートナー同士で口内ケアをしていけば良いのです。キスをしたらケアをする、これを忘れずにいれば、虫歯になるリスクを軽減させることができます。

一覧へもどる