よくあるご質問

サイトに関するよくあるご質問のページです。
お問い合わせの多いご質問に関するよくあるご質問を掲載しています。

虫歯

虫歯を放っておくのが原因で歯の神経は死んでしまうのでしょうか。

虫歯を放っておくと、歯の表面のエナメル質を貫通して歯髄(歯の神経)を守っている柔らかい象牙質まで達してしまいます。虫歯菌が象牙質を越え、歯髄にまで達してしまうと歯の神経が死んでしまうのです。歯の神経の損傷は、虫歯だけではなく外傷(強くぶつけるなど、外部から強い力が加わること)が原因になることもあります。この場合はほとんど痛みを伴わないため、気付かれないまま放置されるケースも少なくありません。外傷によって神経が死んでしまった場合は虫歯と違い、1本の歯全体の色が赤黒くなってくることでわかるようになります。

■歯の神経はどんな構造になっているのだろう
歯には、1本1本に神経と血管が通っています。神経は前歯が1本、奥歯には2本〜4本、またはそれ以上の数が張り巡らされており、私達はこの神経があるおかげで口の中に入ったものの温度や柔らかさなどを感じることができます。
虫歯になったときに「しみて痛い!」と感じるのも、歯に神経が通っているためです。
歯に通っている神経は、最終的にはあごの骨の中にある太い神経に繋がっています。1本の歯が痛み出したときに、他の歯も痛むように感じられることがあるのは、神経が太い大きなひとつの束として収束しているからなのです。
歯の中に通っている神経のほかに、歯の根を支える歯根膜(しこんまく)という部分にも神経が通っています。この神経は歯が動いたときの刺激に合わせて反応するので、虫歯の治療で歯髄を取ってしまっても、噛み合わせが合っているかいないかを感じ取る能力は残っています。
温度や柔らかさなどを感じ取る歯の中の神経と、歯の動きに合わせて反応する歯根膜の神経。このうち虫歯の治療で取ってしまうのは歯の中にある神経です。虫歯菌に侵されてしまった神経は、すでに歯の一部としては機能しません。汚れた異物のようなものとして、取り除いて除去しなくてはいけないものになってしまいます。

■歯の神経が死んでしまった場合はどうしたらいいのだろう
歯の神経が死んでしまうほどになると、虫歯がそうとう進行してしまっている状態です。歯には表面からエナメル質、象牙質、歯髄という層があり、虫歯菌は歯の表面のエナメル質から侵食していきます。エナメル質から象牙質を越え、神経にまで達するまで放っておいてしまうと、歯の血管を通して全身に細菌が広がってしまう可能性も否めません。こういった場合には、入り込んでしまった細菌を一刻も早く外へ出してしまうことが先決です。歯の根の神経にまで細菌が達してしまったときは、歯の上部に穴を開けて細菌を除去します。このときに細菌に侵された神経を取ってしまい、その場所に薬剤を注入して、消毒するのです。これを何度か繰り返した後、きれいになったことを確認してから歯髄のあった場所に土台と被せものを作っていきます。
また、虫歯菌が繁殖し、歯の根の先に病巣を作って膿(うみ)を持ってしまうことがあります。すると膿を持った部分の歯茎がぷっくりと腫れてしまいます。こういった場合は、腫れた部分を切開して膿を出しきってしまいます。局所麻酔をすれば痛みはありませんし、膿を出す治療はポピュラーな治療法として、多くの歯科で行われています。

歯の根の治療や、膿を出す治療でも症状が収まらない場合は、やむなく歯の根の先端を切除してしまうこともあります。病巣の位置や大きさ、歯の根と病巣の位置関係など、さまざまな要因が絡み合う難しい治療方法です。また、最後の手段として抜歯をすることもあります。しかし、永久歯の抜歯はその後の噛み合わせや歯並びなどに大きく影響しますので、ほんとうに打つ手がない場合にしか行われません。
歯の神経が死んでしまう前に、定期的に歯科に通って虫歯が小さいうちに治療してしまいましょう。

一覧へもどる