よくあるご質問

サイトに関するよくあるご質問のページです。
お問い合わせの多いご質問に関するよくあるご質問を掲載しています。

歯周病

歯周病と歯槽膿漏の症状に違いはありますか。

■よく似ている2つの病気、違いはどこにあるか
歯や歯肉に関する病気として、「歯周病」や「歯槽膿漏」といった言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。何となく同じものとして認識されがちな「歯周病」と「歯槽膿漏」ですが、この2つの病気に違いはあるのでしょうか。今回は、「歯周病」と「歯槽膿漏」の症状の違いについて紹介していきます。

■歯槽膿漏は歯周病の症状が悪化した状態
歯の病気としてよく知られている「歯周病」。それと同じく、「歯槽膿漏」もよく知られている病気です。そのため、この2つは同一視されたり、違いがよくわからないといわれたりします。結論からいうと、歯周病という言葉は、歯槽膿漏を含めた歯や歯肉の病気を総称する言葉です。そのため、最近では「歯周病=歯槽膿漏」という認識が一般的になり、歯周病という言葉でまとめられていることが多いのです。

もっと具体的にいうと、歯槽膿漏は正式名称である「辺縁性歯周炎」と呼ばれています。症状としては、何もしなくても歯茎から出血したり、膿が出たりして、歯が抜けそうになるという症状があらわれます。これらの症状から考えて、歯槽膿漏は歯周病の症状が最も悪化した状態だと考えられています。この歯槽膿漏になると、場合によっては歯を残すことが難しくなるケースもあります。それに対処するためには、歯を支える骨である「歯槽骨(しそうこつ)」を再生させる外科手術をする必要があります。

■歯槽膿漏への発展を防ぐには、歯周病を早いうちに治療することが大事
前述したとおり、歯槽膿漏は歯周病の中の1つの病気であり、症状が最も悪化した状態に当たります。歯槽膿漏になると、歯茎が赤く腫れて出血したり、膿が出たりといった症状が出るほか、さらに症状が進行すると歯と歯肉の境目である「歯周ポケット」に深い溝ができます。それに加えて歯を支える歯槽骨が溶けてしまい、歯がぐらつき始めて最後には抜歯に至ります。こうした事態を防ぐためにも、歯槽膿漏に至るまでの症状や経緯を知り、それらを正しく予防・治療することが大事です。

歯周病の初期症状では、「歯肉炎」と呼ばれるものがあらわれます。歯茎の腫れ、歯を磨くと出血するといった症状があらわれますが、歯槽骨まで影響が及ぶことはありません。あまり目立った症状がでないため、自覚しにくいという特徴もあります。この歯肉炎の段階であれば、毎日丁寧に歯磨きをすることと歯医者での定期的な口腔ケアをすることで、症状を改善することができます。

歯肉炎の症状が進行すると、「歯周炎」という病気になります。歯周炎は歯茎だけでなく、歯を支えている周辺組織である「歯茎」、「セメント質」、「歯槽骨」、「歯根膜」にまで炎症の影響を及ぼします。この炎症がひどくなると、炎症が歯槽骨に及んで歯槽膿漏に発展します。症状は、膿がでたり腐敗臭が発生したりして、初期段階に比べて自覚しやすくなります。今までよりも口臭がきつくなりだしたときは、念のためこの歯周炎を疑ってみましょう。また、歯周炎の段階になると歯を支えている骨の1つである顎の骨が痩せて歯がぐらついたり、痛みが出たりします。そうなると歯磨きや定期的な口腔ケアでは十分に治療しきれないため、歯肉縁下の歯垢や歯石の除去や抜歯など、専門的な歯周病治療が必要になります。それでも汚れを落としきれない場合は、歯周ポケットの内壁や歯根の表層の汚れを落としたり、歯茎を切り開いて内部の汚れを取り除いたりする歯周外科的処置を受ける必要があります。

■まとめ
歯槽膿漏は、さまざまな歯の病気の総称である「歯周病」の中の1つです。したがって、歯周病を早期に治療・予防することは歯槽膿漏を治療・予防をすることにつながります。歯槽膿漏が悪化すると歯の神経や骨、歯茎にまで影響が及び、食事などの日常生活にも支障をきたします。そうならないためにも、普段から歯と歯茎など口の健康状態を意識し、適切なケアをしていくことが大事です。

一覧へもどる