よくあるご質問

サイトに関するよくあるご質問のページです。
お問い合わせの多いご質問に関するよくあるご質問を掲載しています。

親知らず

親知らずの抜歯治療の後に注意するのはどんなことですか?

親知らずの抜歯治療では、歯茎を切って縫合したり骨を削ったりするため、口の中が傷ついています。そのため、抜歯治療の後は、できるだけ傷口を刺激しないことと治療後の経過に気を配ることが大切です。

■麻酔についての注意
親知らずの抜歯治療後、麻酔が切れるまで1〜3時間かかります。麻酔が効いている間はあまり痛みを感じませんが、麻酔が切れると、親知らずを抜いた傷口が痛み始めます。それを和らげるためには、歯医者で処方された痛み止めを麻酔が切れる前に飲んでおくと良いでしょう。だいたい、治療後1〜2時間程度で痛み止めを飲んでおけば、麻酔が切れた後の痛みや不快感を和らげることができます。

なお、食事については血が止まりさえすれば問題ないので、抜歯治療後30分で可能です。ですが、麻酔の効果は1〜3時間持続するので、食事をするときにはまだ麻酔が完全に切れていない場合があります。麻酔が効いている間は歯茎や顎の感覚が鈍っているので、知らない間に口の中を火傷したり、舌や頬を噛んだりしないようにご注意ください。また、たとえ30分以上経って血が止まっている場合でも、親知らずを抜いた部分で食べ物を噛むのは禁物です。

■日常生活の中での注意
・うがいはなるべく少なく
親知らずの治療後は、口の中の不快感や血の味が気になって、うがいをしたくなるかもしれません。ですが、うがいをすると、傷口にせっかくできたかさぶたを剥がしてしまうことがあるので、うがいの回数は極力少なくすることが大切です。

・抜歯当日の歯磨きには要注意
親知らずを抜いた当日は、抜歯した部分以外であれば、普段のように歯磨きしても問題はありません。その際、抜歯した部分に触れると傷口が開いて出血することがあるので、ご注意ください。また、歯磨き後のうがいはブクブクうがいではなく、軽く口をゆすぐ程度にしましょう。

・硬い食べ物や刺激物を口にするのはNG
煎餅やフランスパンのような硬い物を食べると、欠片が傷口に当たって痛んだり、傷口が開いたりする原因になります。そのため、抜歯治療後は硬い食べ物は控え、お粥、ゼリー、ヨーグルトなど、なるべく噛まずに食べられるものを選びましょう。また、唐辛子やマスタードなどの刺激物も、傷口を刺激するので避けてください。

・運動・入浴・飲酒は、当日は我慢
抜歯治療当日は、血行を促進すると血が止まりにくくなってしまいます。ですから、激しい運動、飲酒、入浴は避けましょう。なお、お風呂については、ぬるめのシャワーを浴びる程度なら大丈夫です。

■治療後の経過についての注意
・痛みが止まらないとき
治療後の痛みがひどいときは、頬の外側から氷を包んだタオルや保冷剤でよく冷やすと、痛みを和らげることができます。ただし、抜歯から24時間以上経った後は、冷やし続けるより、温めて血液の循環を良くしたほうが治りが早くなります。
また、痛み止めを1錠飲んでも痛みが軽くならないときは、服用量の範囲内であれば追加で飲んでもかまいません。歯医者で痛み止めを処方されるとき、1回に何錠まで飲んで良いのか確認しておくことをおすすめします。

・出血が止まらないとき
抜歯治療後になかなか血が止まらないときや、何かのはずみで出血してしまったときは、清潔なガーゼを噛んで圧迫止血しましょう。30分〜1時間程度しっかり噛んでいれば、たいていの出血は止まります。それでも出血が止まらないときは、抜歯治療を受けた歯医者にご相談ください。

・腫れがひどいとき
抜歯治療の翌日頃から、親知らずを抜いた側の頬が腫れることがあります。ですが、抜歯治療後に腫れが見られるのは普通のことであり、1週間以内に消える場合がほとんどなので心配はいりません。もし、当日から腫れがひどくて気になるときは、氷を包んだタオルや保冷剤で頬を冷やすと良いでしょう。ですが、冷やし続けると血行が悪くなって治りが遅れてしまうので、翌日以降は多少腫れがあっても冷やさないことをおすすめします。

一覧へもどる