よくあるご質問

サイトに関するよくあるご質問のページです。
お問い合わせの多いご質問に関するよくあるご質問を掲載しています。

親知らず

親知らずの治療は歯医者と口腔外科どちらでやるべきですか?

親知らずの生え方や状態、かかりつけの歯科の方針などによって、歯科で治療すべきか口腔外科で治療するかは変わってきます。歯科と口腔外科はそれぞれに専門としている分野が違いますので、親知らずの状態によっては口腔外科での治療を行うこともあります。今回は、口腔外科で行う親知らずの治療と、歯科で行う親知らずの治療の違いをご紹介します。

■歯科と口腔外科の違いとは
・歯科
歯科で行える治療は、歯に関連するものです。虫歯と歯周病の治療がメインで、虫歯や歯周病に由来する口臭防止の指導や歯垢を取るスケーリングなども行います。歯科によっては口腔外科の看板を同時に掲げていることがあり、そういった医院では、本来口腔外科が行う治療を手がけている場合があります。
・口腔外科
口内やあご、およびその周辺にあらわれる疾患を扱います。歯周病によって失われてしまった周辺組織の手術や、埋没してしまった歯の治療など、口内とあごに関する疾患の専門家です。

医師の経験なども影響しますが、歯そのものの疾患は歯科、歯周病などで失われてしまったあごの骨や歯肉などは口腔外科で治療します。こういった違いをふまえた上で、親知らずの治療をどちらで行うべきかの判断基準を見てみましょう。

■こんな場合は歯科で治療
・かかりつけの歯科で「親知らずの抜歯・治療ができる」と言われた場合
歯科によっては、親知らずの抜歯を行わない場所もあります。かかりつけの歯科が親知らずの抜歯を引き受けてくれたときは、そうしたかかりつけ医に頼みましょう。
・親知らずがまっすぐ生えている場合
斜め方向や横方向になっていない、まっすぐに生えている親知らずは、歯科でも比較的簡単に抜歯や治療をしてもらえます。他の歯と同じような向きに生えている親知らずの治療は、あまり時間がかかりません。

※親知らずが斜め、または横向きに生えている場合は、かかりつけの歯科医と相談しましょう。歯科の方針によっては、口腔外科や他の歯科を紹介されることがあります。

■こんな場合は口腔外科で治療
・親知らずにあごの神経が絡みついてしまっている
下に生えている親知らずの近辺には、「下顎管」(かがくかん)という管が通っています。下あごや下に生えている歯の神経の束と血管がまとまったもので、傷つけてしまうと体に大きな影響を与えます。この下顎管が親知らずに絡みついてしまっていると、歯科では治療が困難になります。
・親知らずがあごの骨の奥深くにある
親知らずがあごの骨からほとんど顔を出していないときは、口腔外科で治療を受けましょう。この場合は親知らず周辺の骨や歯肉を切除する必要があります。かかりつけの歯科医に、口腔外科の医師を紹介してもらってもいいかもしれません。
・親知らず以外にも、体に病気を持っている
糖尿病や骨粗しょう症など、歯茎から出血が起こりやすい病気を抱えているときは口腔外科での治療が望ましいでしょう。口内だけでなく全身の管理が必要になりますので、主治医と連携が取れる病院だとより理想的です。

歯やあごにはたくさんの神経が集まっており、治療や抜歯はそういった神経を傷つけずに行う必要があります。親知らずの状態やかかりつけの歯科医の経験などによって、治療を受けるべきかどうかが決まるのです。かかりつけの歯科医から別の医師や口腔外科を紹介されたときは、担当の医師に不安に思うことをきちんと相談しましょう。
日本人はあごが小さく、親知らずが横向きや斜め向きに生えてくる確率も高くなってしまいます。親知らずから痛みを感じたときや、まだ自分自身の親知らずの向きがわからないときは、まずは歯科を受診しましょう。

一覧へもどる