よくあるご質問

サイトに関するよくあるご質問のページです。
お問い合わせの多いご質問に関するよくあるご質問を掲載しています。

親知らず

親知らずを抜いた後から頭痛の症状があるのですが。

■親知らずを抜くことで現れる頭痛の症状
親知らずを抜いた後は、痛みや腫れ、出血などさまざまな症状があらわれます。親知らずの抜歯は、顎の骨や歯肉などの組織を切開して手術を行うので、痛みや腫れや出血が伴うのはごく当然のことです。しかし、親知らずの抜歯後は意外な症状があらわれることがあります。その中の1つが「頭痛」です。親知らずと頭痛の関係は一見想像しにくいのですが、そこにはきちんとした繋がりがあります。ここでは、親知らずの抜歯後にあらわれる頭痛と、その対処法について紹介していきます。

■噛み合わせが原因で頭痛が起こる
親知らずの抜歯後に頭痛が起こる原因には、まず噛み合わせのバランスが考えられます。親知らずを抜歯した後は、傷跡になるべく負担をかけないようにするのが基本です。したがって、食べ物を噛むときは抜いたほうの反対側の歯で食べ物を噛むように指示されることが多いのです。こうすることで、ものを噛むときに使われる筋肉である「咬筋」が片側だけ酷使され、筋肉痛を起こします。咬筋は肩の筋肉から繋がって頭の筋肉と連動しているため、咬筋の筋肉痛が肩や頭の筋肉にまで広がり、その結果、頭痛が引き起こされると考えられています。

対処方法としては、片側で噛むのをやめて両側で噛むように戻すことです。しかし、これはあくまでも傷口がある程度回復していて、口も開けやすい状態であれば実行できるものです。傷口がまだ十分に塞がっていないのであれば、顎や歯肉に負担をかけることは避けましょう。咀嚼回数が少なくて済む柔らかいものを食べましょう。また、噛むときの力を意識することも大事です。力を込めて強く噛むのではなく、ゆっくりと柔らかく噛むようにすると、咬筋をほどよく休ませることに繋がります。

■顎のバランスが関係しているケースも
噛み合わせのほかに、顎のバランスも頭痛と深く関係しているケースがあります。親知らずの抜歯で口を長時間開けていたことが原因で顎がずれ、骨格のバランスが崩れることにより関連痛があらわれて頭痛が引き起こされると考えられています。この現象は、顎の関節周辺に異常のある「顎関節症」を患っている人に起こりやすい現象です。

顎が外れているかどうかは、歯科医院でレントゲンを撮ってもらって確認しましょう。レントゲンを撮ってもらえれば、顎の骨のズレだけでなく、ほかの頭痛の原因も見つかる可能性があります。自力で顎のズレを治そうとするのは危険ですので、必ず歯医者に相談し、正しい処置を行うことが大事です。

■ドライソケットによる頭痛も考えられる
ほかには、「ドライソケット」と呼ばれる現象が頭痛を引き起こしていることも考えられます。ドライソケットとは、抜歯後の穴が血液で覆われず、骨がむき出しになっている状態のことを指します。普通、抜歯後の穴には血餅ができ、新しい歯肉が盛り上がり、骨を覆うようにして治癒します。ところがドライソケットは骨がむき出しになっているため、痛みや刺激に敏感です。細菌感染のリスクも高いので、この細菌感染によって頭痛が引き起こされている可能性も考えられます。

ドライソケットの改善方法には、傷穴に専用の抗生物質の軟膏を使ったり、血餅を作るためにあえて出血させたりといった方法があります。また、ドライソケットになった場合は、うがいのし過ぎやストローなどで飲み物を「吸う」動作には注意が必要です。

■まとめ
いかがでしたでしょうか。親知らずの抜歯後はさまざまな症状があらわれますが、痛みや腫れ、出血などと同じく、頭痛に悩まされる方もいます。親知らずの抜歯後に頭痛があらわれた場合は、できるだけ咬筋や顎の筋肉に負担をかけないようにし、これらの筋肉を適度に休ませるようにすることが大事です。もしそれでよくならないようであれば、もう1度しっかりと歯科医院に相談しましょう。

一覧へもどる