よくあるご質問

サイトに関するよくあるご質問のページです。
お問い合わせの多いご質問に関するよくあるご質問を掲載しています。

口臭

胃の悪さが原因で口臭がすると聞いたことがありますが本当ですか?

胃の調子が悪い、胃に病気を抱えている場合、食べ物の消化がうまくいかないなどの理由で胃の臭いが口臭となることがあります。歯周病や虫歯が特にないにも関わらず口臭が気になる、口臭とともに胃痛や胃もたれなどの症状があるといった場合は、胃の不調が口臭の原因である可能性があります。

■口臭が発生する胃の不調
胃の不調が口臭の原因となるといっても、胃の臭いが直接口から吐き出されるわけではありません。胃と口の間には弁がついており、この弁が蓋となって胃の中の逆流を防いでいます。胃の不調が口臭の原因となる場合は、消化不良によって異常発生したガスが血中に溶けこんで呼気になったり、弁の蓋としての機能が弱くなることによって胃から臭いが上がってくるといったことが考えられます。

・胃炎
暴飲暴食やストレス、医薬品やピロリ菌などによって胃を胃酸から守っている胃粘液の働きが弱くなり、胃が炎症を起こしている状態を胃炎といいます。胃が炎症を起こしている場合、食べたものの消化機能がうまく働かず、消化不良が起きやすくなります。十分に消化されなかった食べ物が胃の中で過剰に発酵した場合、発生したアンモニアなどを含むガスが血中に溶け込み、それが肺に運ばれて口臭として口から吐き出されます。この場合、口臭は卵が腐ったような硫黄臭に似た臭いとなります。
急性胃炎では、原因となっているストレスや薬物を取り除き、食生活を改善するなど胃を休ませることによって比較的早く治療することができます。慢性胃炎の治療では、内服薬によって胃酸の分泌を抑えたり主な原因とされているピロリ菌の除去を行います。ピロリ菌は胃がんの発生にも関係していると考えられており、注意が必要です。

・消化性潰瘍
胃炎の症状が進行すると、粘液の働きが弱くなることで胃酸が胃の内壁に直接触れるようになり、胃や十二指腸の粘膜や組織の一部が損なわれます。それによって胃や十二指腸に穴があいたり、出血を起こしたり、腹膜炎といった症状が起きるのが胃潰瘍や十二指腸潰瘍といった消化性潰瘍です。消化性潰瘍では胃炎と同じように消化不良を起こすため、腐敗臭のような口臭の症状が出ることがあります。
消化性潰瘍は食生活やストレス、服用している薬などによって胃酸過多になることが原因ですが、ピロリ菌が原因であるケースも多く、その場合は治療によってピロリ菌をきちんと除菌し、再発を防止することが重要となります。

・逆流性食道炎
胃の中のものや空気、胃液などが逆流しやすい状態になるのを逆流性食道炎といいます。胸焼けや吐き気といった症状の出るこの病気では、胃の弁の働きが弱くなり、それによって胃液などが逆流しやすくなります。胃の蓋である弁が開きやすい状態になるため、胃の中の臭いが直接口から吐出されるようになり、酸っぱいような口臭の原因となります。また、胃酸が逆流することによって歯が胃酸で溶かされるといった酸蝕症の症状が出る場合があります。歯のエナメル質が溶かされ薄くなることによって知覚過敏や虫歯などが起きやすくなるため注意が必要です。
逆流性食道炎は腹部を締め付けない、脂っこいものや甘いもの、刺激の強いものの摂取を控える、禁酒禁煙といった生活習慣の改善で症状を緩和できる場合があります。

■早めの受診をおすすめします
胃の不調が口臭の原因となる場合もあります。特に進行した歯周病や虫歯がないのに口臭が気になる際に胃もたれや胸焼けなどの症状がある場合は、胃の不調が口臭の原因かもしれません。逆流性食道炎などの胃の不調が歯に影響を与えることもありますので、胃の調子が悪い、口臭が気になるといった場合には消化器内科などへの早めの受診をおすすめします。

一覧へもどる