よくあるご質問

サイトに関するよくあるご質問のページです。
お問い合わせの多いご質問に関するよくあるご質問を掲載しています。

口臭

唾液の減少が原因で口臭は強くなる?

口臭は、口内で分泌される唾液の量が少なくなることで強くなります。口臭が発生する原因にはさまざまなものがありますが、なかでも大部分を占めている原因が”揮発性ガス”。これは口内にいる細菌によって生み出される特有のガスです。そして、そんな揮発性ガスの発生を抑制する働きを持っているものが唾液なのです。人間の唾液には”殺菌作用“と”浄化作用”があるため、口内が唾液で潤えば細菌の繁殖を効果的に防ぐことができます。よって、唾液の分泌が多い人は口臭がほとんどなく、逆に唾液の分泌が少ない人は強烈な口臭に悩まされることになります。現在、強烈な口臭に悩まされている人は自身の口内が唾液で潤っているかを一度確認してみるとよいでしょう。

■口臭の強さは自身の状態により異なる
口臭の強さは人によりけりですが、これは時間帯によっても変わります。数時間前はそれほど気にならなかった口臭が、今は強く感じるということも。そして、この原因として唾液が深く関わっています。人間には一般的に口臭が発生しやすいといわれている状態がありますが、その状態こそ”口内に唾液が足りていない状態”なのです。

例えば、ストレスや緊張、疲労を感じているときは唾液の分泌量が少なくなるため、口臭が発生しやすいといえます。緊張したとき、口のなかがカラカラに乾いているため水が飲みたくなるという経験があるという人もいるのではないでしょうか。自身では気づいていないかもしれませんが、緊張時は口内の臭いが強くなっています。そのため、周りの人を不快にさせる前に対処することが望ましいでしょう。
また、起床時はとくに口臭がピークだといわれています。その強さは自身で自身の口臭に気づくことができるほどです。

ほかにも、口呼吸をしているときや、しっかり噛まずに食事をしているときも一例として挙げられます。口呼吸が原因で口内が乾きやすくなったり、薬の服用が原因で副作用が現れたりといった理由により唾液の量が少なくなり口臭が発生します。

■唾液の分泌を増やすための豆知識
口内が唾液で潤っていれば、口臭を軽減させることが可能です。つまり、唾液の分泌を促す方法さえ知っていれば、効果的な口臭対策が可能です。そこで、唾液の分泌を促す方法をご紹介します。

・水分補給・食事の際はしっかり噛む
水分補給をすれば、唾液の分泌を促すことができます。水分補給をする際は、飲む量や飲む時間帯に気をつけるだけでさらなる効果が期待できます。起床時や食前、就寝前は唾液の分泌が少なくなり口内が乾きやすい状態であるため、積極的に水分補給をしましょう。また、喉が乾いたときも積極的に水分補給をするとよいでしょう。
その際、1回で飲みすぎると唾液の“殺菌作用”や“浄化作用”が薄まってしまうため、250〜300mlを目安に補給することがおすすめです。

また、食事の際は口に入れたものをよく噛むことを心がけるとよいでしょう。よく噛むことは体の健康に良いだけではなく、唾液の分泌を促す効果もあります。普段、食べるスピードが速い人は一度、自身の食事方法を見直してみるといいかもしれません。

・舌にある”舌下小丘”を刺激する
人間の舌のちょうど付け根部分にあるものが、舌下小丘です。ここは刺激することで唾液の分泌を促してくれる部分であるため、自身の舌を使って積極的に刺激してみてください。簡単にできる上、非常に効果的といわれているので、口臭で悩んでいる人にはおすすめです。
なお、唾液が分泌されたらしばらく口内に留めておくとより効果が期待できます。口内を唾液で満たしておけば、口臭予防だけでなく口内を清潔に保っておくことができます。

一覧へもどる